『九團次・廣松の会』8月 Bunkamuraシアターコクーンにて開催!!

全栄企画株式会社 2019年07月03日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

8月17日(土)、18日(日)に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて「九團次・廣松の会」開催が決定しました!市川海老蔵一門として全国各地で公演を行うほか、バラエティー番組出演やCM出演等、歌舞伎以外でも幅広く活躍をしている市川九團次と女方を軸に活躍し、さまざまな可能性を 持つ若手の一人、大谷廣松が今回初めて二人で公演を開催します。
 一幕では大蔵流狂言師の茂山逸平監修の下、『柿山伏』に挑戦し、柿を盗み食いにきた山伏と柿畑の持ち主とのやり取りがユーモアに表現されており、山伏が鳥や猿の鳴き真似をして罪を隠そうとする愚かさや、居直る図々しさが笑いを誘います。
 三幕では、家同士の確執により現世で添い遂げられなかった男女をテーマにした『蝶の道行』を、歌舞伎俳優中村京蔵によって新たに構成された新作の舞踊『女夫蝶花臺』をお届けします。日本舞踊宗家藤間流家元である藤間勘十郎が振付を担当し、市川九團次、大谷廣松が、若い男女・蝶・獅子の三役を演じて踊り分ける、見応えのある作品です。

【演目】一、茂山逸平 監修
      『柿山伏』(かきやまぶし)
    二、ご挨拶
    三、藤間勘十郎 振付 中村京蔵 構成
      『女夫蝶花臺』(つがいのちょうはなのしまだい)三場
        「蝶の道行」 竹本連中
        「石  橋」 長唄囃子連中

  
  <市川九團次>
[画像2: (リンク ») ]


この度、関係者各位のご協力のもと「九團次・廣松の会」を開催させていただく
運びとなりました。「九團次の会」では毎年、様々な挑戦を掲げ技芸向上に努めて参りましたが、今年は『柿山伏』と舞踊『女夫蝶花臺』を大谷廣松さんと共に二人で挑む事となりました。この全く異なる二つの演目を、茂山逸平師、藤間勘十郎師、中村京蔵さんのお力を賜りまして、勉強させていただけますこと心から御礼申し上げます。未だ未熟者ではございますが、二人で力を合わせ精一杯舞台を勤めさせていただきます。何卒、鷹揚の御見物のほど偏にお願い申し上げます。


  
   <大谷廣松>
[画像3: (リンク ») ]


この度、「九團次・廣松の会」を開催させていただくこととなりました。これも偏にご指導賜ります茂山逸平師、藤間勘十郎師、また、中村京蔵さんはじめ皆様のお力添えの賜物と篤く御礼申し上げます。九團次さんとは日頃より多くの舞台をご一緒しておりますが、昨年の「九團次の会」では『棒しばり』の太郎冠者を勤めさせていただきました。今回、いつか二人で会をという夢が実現し、喜びとともに身の引き締まる思いでございます。皆様にお楽しみいただける舞台となるよう九團次さんと切磋琢磨してまいります。何卒ご高覧賜りますようお願い申し上げます。


~公演詳細~
【日程】8月17日(土)12時開演/16時開演
    8月18日(日)12時開演
【会場】Bunkamuraシアターコクーン
【料金】一等席8,000円/二等席4,000円
    ※税込・全席指定 ※未就学児入場不可
    ※二等席は特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上、ご購入ください。
7月6日(土)より一般発売開始!
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ) TEL:03-3538-2300[平日11:00~19:00]
ホームページ: (リンク »)

【主催・制作】株式会社3Top 【制作協力】全栄企画株式会社 【協力】松竹株式会社

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]