活況なEコマース市場とアジア物流システムの変化

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社 2019年07月03日

From PR TIMES

現状分析と将来展望(分析レポート)

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン(日本本社:東京都千代田区内幸町)は本日、「将来を見据えた物流市場の再編:アジア物流用不動産市場の現在と将来の概観」を発表しました。当レポートは、アジア地域で急速な発展を見せるEコマース市場の実態とそれに対応する物流システムの変化と将来像 についてまとめたものです。



Eコマース市場の発展に伴うアジア物流システムの変化:

Eコマースに関する消費者の期待、技術革新、急速な発展は、アジアの物流システムの様相を一変させ、従来の市場の役割は曖昧になっている。さらに、物流スペースと人員に対する継続的需要が、最新の倉庫建設の手法を特徴付けている。下記に弊社の主な調査結果及び推奨事項をリストする。


倉庫に関する重要な形態の変化の特徴として、ハイパーコネクトされた設備、十分な高度の確保、IoTに接続された新型フォークリフト、多層階構造、人口密集地域への近接度等が挙げられる。
物流用不動産の取引においては、機関投資家が最も活発なグループである。機関投資家は規模や地理的多様性を希望し、その多くが新たな市場に高い関心を示す。
既存市場では取引可能な資産が僅かであることから、弊社は投資家に対し、中国の非1級都市やソウル近郊都市の新興物流市場の資産を検討することを提言する。
Eコマース業者の物流セクターの今後の動向として、オンデマンド倉庫、サービスとしての自動化、倉庫に付属したコワーキングスペース等の普及が挙げられる。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


コリアーズ・ アジア リサーチ・ ディレクタ ー の Stephanie Sun は 次 の よう に 述 べ て い ま す 。
「 世界銀行の最新、 2018 年物流パフォーマンス指標によると東京は通関、インフラ、物流処理においてグレードが高く、世界で 5 位、アジアでトップにランクされている 。 」

コリアーズ・インターナショナル・グループについて
コリアーズ・インターナショナル・グループ(NASDAQ:CIGI, TSX:CIGI)は世界68カ国で不動産サービスを提供する業界トップクラスの不動産サービス会社です。世界の主たるマーケットで、14,000人を超える経験豊富な専門家を擁し顧客企業へサービスを提供しております。

コリアーズ・インターナショナル日本法人について
日本においては、コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社(日本本社: 東京都千代田区内幸町)にて、不動産投資仲介、鑑定およびアドバイザリー・サービス、テナント向けサービス、プロジェクト・マネジメント、オフィス・リーシングを中核事業として、法人向けの総合不動産サービスを提供しています。 コリアーズの専門家は、顧客の成功を第一に考え、ユニークな視点と革新的なアドバイスで顧客企業の取引を成功へと導きます。

(C) 2019 Colliers International Japan KK.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]