アウディ、クーペスタイルのフルサイズSUV、Audi Q8を新発売~アウディQシリーズの新たなフラッグシップモデルが日本に上陸~

アウディ ジャパン 株式会社 2019年07月03日

From PR TIMES

4ドアクーペを思わせるスポーティなデザインと大型SUVの機能性を融合/48Vマイルドハイブリッドや4輪操舵などの先進技術がもたらす新感覚のドライビング/タッチディスプレイを全面的に採用したデジタル感覚のインテリアと充実のコネクト機能




アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、新たに開発したクーペスタイルのフルサイズSUVであるAudi Q8を本日発表し、9月3日(火)より、全国のアウディ正規販売店(126店舗、現時点)を通じて販売を開始します。
[画像1: (リンク ») ]

Audi Japan Press Center: (リンク »)

Audi Q8は、大型SUV市場においてAudi Q7で大きな成功をおさめてきたアウディが、よりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向するお客様に向けて新開発したクーペスタイルのSUVモデルです。アウディQモデルの新たな特徴である八角形のシングルフレームグリルや、アウディの代名詞であるquattro(クワトロ)を象徴するブリスターフェンダーなど、ダイナミックなスタリングを与えられたQ8は、アウディQシリーズの新たなフラッグシップです。インテリアには、セダンタイプのフラッグシップであるAudi A8などと同様に、タッチディスプレイを全面的に採用したMMIタッチレスポンスや大型バーチャルコクピットを装備し、デジタル時代にふさわしいユーザーインターフェイスと充実したAudi connect機能を搭載しました。

走行性能では、340psを発生する3.0リットル V6 TFSIガソリンエンジン、センターディファレンシャルタイプのquattro(4輪駆動システム) やAWS(オールホイールステアリング)などの先進技術を採用し、サイズを感じさせない軽快でダイナミックな運動性能を実現しています。また、Audi A8、Audi A7、 Audi A6で採用済みの48V電源によるマイルドハイブリッドシステムを全車に搭載し、スムーズな走行と燃料消費の低減*を実現しました。
*100km走行あたり最大0.7リットル*の燃料消費削減。欧州仕様車データ

運転支援関連技術でも、最大22個のセンサーやカメラの統合制御による高度なドライバーアシスタンスシステムを搭載しています。中核となるのは、アダプティブドライブアシスト(ADA)で、アダプティブクルーズコントロール、トラフィックジャムアシスト、アクティブレーンアシストを統合し、0~250km/hまでの速度で、加減速及び車線変更のサポートを提供し、高速道路やロングドライブにおいて、上級サルーンのような快適で安全なドライビングを実現します。また、アウディ初となるエマージェンシーアシストなどの機能(パッケージオプション)により、緊急時にクルマを現在の走行レーン内に自動的に停止させます。さらに、カーブストーンアシストは、Audi A8で最初に導入されたシステムで、MMIスクリーン上のカメラビューにより、パーキングの際に縁石への接触を回避するのに役立ちます。

アウディ ジャパン代表取締役社長フィリップ ノアックは「アウディは、最初のSUVモデルとして2006年に導入したAudi Q7を皮切りに、Audi Q5、Audi Q3、Audi Q2と日本でのSUVラインアップを拡大してきました。このたび、Audi Q8をラインアップに加えることで、クーペのようにスタイリッシュで個性的なSUVを志向されるお客様に、新たな選択肢を提供します」と述べています。

[画像2: (リンク ») ]



Audi Q8の特徴

4 ドアラグジュアリークーペを思わせるスタイリッシュなデザイン
SUV が持つ強い存在感と機能性を、Audi ならではの洗練されたスタイリングで表現するAudi Q シリーズの新たなフラッグシップモデルとなるAudi Q8 は、Q ファミリー専用にデザインされた8 角形のシングルフレームグリルにより最新世代のモデルであることをアピールしています。低く優雅な弧を描くルーフラインやフレームレスドアを採用することで、4ドアクーペをイメージさせるスポーティでエレガントなフォルムに仕上げました。アルミホイールは20 ~22 インチの大径タイプとすることで、ダイナミックな走りを印象づけています。

全長は4,995mm、全幅は1,995mm、全高は1,705mmで、クーペのようなルーフラインとフレームレスドアを採用し、車高はQ7より30 mm低く設定されています。 精悍なフロントエンド、短いリヤオーバーハング、最大245mmの最低地上高(アダプティブエアサスペンション装着車)、最大22インチの大径ホイールにより、Q8はそのダイナミズムを全身で表現しています。ホイールベースは2,995mmで、5名の乗員に十分なスペースを提供します。リヤシートは前後に100mmスライド調整することが可能で、605リットルのラゲージコンパートメント容量は、リヤシートバックを折りたたむと1,755リットルまで拡大し、SUVとしての高い機能性を有しています。

先進技術がもたらす新しいドライビングエクスペリエンス
先進のドライバーアシスタンスシステムや高効率パワートレイン、ダイナミックな走りをもたらすシャシー技術を惜しみなく投入しました。ドライバーアシスタンスシステムでは、緊急時に車両を自動的に走行車線内に停止させるエマージェンシーアシストをアウディ車として初めて装備しました。パワートレインでは、48Vの高い電圧とリチウムイオンバッテリー(10Ah)、ベルト駆動式オルタネータースターターを用いたマイルドハイブリッドシステムにより、高性能と高効率をさらに高い次元で両立。この新しい48V MHEVシステムによって、22km/h以下でのエンジンのストップ&スタートと最大12kWという高いエネルギー回生能力を実現しています。

またダンピングコントロールサスペンションや、後輪を最大5度操舵するAWS(オールホイールステアリング)といったシャシー技術により、ボディサイズを感じさせないスポーティなドライビングを楽しめます。さらに、アダプティブエアサスペンションを選べば、走行状況にあわせて車高を+50mm から-65mm の115mm の範囲で調節が可能となり、オンロードでのダイナミックなハンドリングと快適な乗り心地、そしてオフロードの走破性をさらに高い次元で実現しています。

高度なデジタル化が生む革新のユーザーインターフェイス
快適なドライブをサポートするユーザーインターフェイスとして、デジタル時代にふさわしい新しいインフォテインメントシステム「MMI タッチレスポンス」やアウディバーチャルコックピットを採用しました。MMI タッチレスポンスは、インフォテインメント用の10.1 インチタッチパネルをインストルメントパネル上部に設置するとともに、空調や文字入力に用いる8.6 インチタッチパネルをその下方に配置。これにより、ボタンやスイッチを削減し、美しくクリーンなインテリアデザインを実現するとともに、より直感的な操作を可能にしました。また、フルデジタルメーターのアウディ バーチャルコックピットが、ドライバーが求める情報を的確に伝えます。Audi connectでは、オンラインニュース、天気予報、Google Earthを使用したナビゲーションなど、数多くのサービスを3年間無料で提供しています。また、Audi connect navigatorを使えば、コンシェルジュがオンラインで目的地の設定や最寄りのレストランの案内などをサポートします。myAudiアプリでは、窓の開閉状況や駐車位置などの車両状態の確認や、クルマの施錠/開錠、スマートフォンで検索した目的地をクルマに送信する等のリモート操作も行えます。また、Audi SOSコール、Audiオンラインロードサイドアシスタンス、Audiメンテナンスリクエストといったお客様が安心して車を使用いただける機能も備えています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]