「一般社団法人スマートシティ・インスティテュート」設立

日本経済新聞社 2019年07月03日

From PR TIMES

日本のスマートシティの拡大と高度化に貢献

株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田 直敏)と三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(MURC、本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡)は、日本のスマートシティの拡大と高度化に貢献する「一般社団法人スマートシティ・インスティテュート」を設立いたします。

同社団法人は1.世界の先進的なスマートシティに関する最新情報や推進ノウハウの収集・分析・共有、2.スマートシティの構築・高度化に著しい貢献のあった自治体、企業等の表彰――などを通じて、日本のスマートシティの拡大と高度化に貢献することを目指します。海外都市や大学・調査研究機関と連携し、情報の深さと品質の高さを確保しながら、会員間の知識の共有やメリットの提供を可能にします。学生向けコンテストなども行い、新たな人材育成も図ります。

1. 社団法人の設立概要
名称:一般社団法人スマートシティ・インスティテュート(非営利型法人)
主たる事務所:東京都港区(MURC本社内)
設立時期:2019年9月(予定)
役員等:
代表理事:柳川 範之(東京大学大学院経済学研究科教授)
理事:平田 喜裕(日本経済新聞社専務取締役
理事:南雲 岳彦(MURC常務執行役員)
エグゼクティブ・アドバイザー:村林 聡(MURC代表取締役社長)、Daniel A. Levine(世界銀行東京開発ラーニングセンター プログラム シニアマネージャー)

2. 会員制度
正会員:事業会社
準会員:スタートアップ等
賛助会員:地方自治体、大学、研究機関等

3. 主な事業内容
リサーチ事業:海外先進事例の調査等
研修事業:スマートシティに関するセミナー・シンポジウム、海外ミッションツアー等
アワード事業:国内外のスマートシティの評価を行い、優れた事例を表彰
学生向けリサーチ・チャレンジ事業:スマートシティに関する学生向けコンテストの実施


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約235万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数に日経産業新聞や日経MJ、日経ヴェリタスの紙面ビューアー契約数、人事ウオッチ契約数を加えた「デジタル購読数」は72万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングについて
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、国や地方自治体の政策に関する調査研究、提言、民間企業向けの各種コンサルティング、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査・提言など、幅広い事業を展開しています。MUFGの確かな基盤のもと、社会やお客様の課題と真摯に向き合い、真の課題解決に導く最適なソリューションを提供します。詳しくは三菱UFJリサーチ&コンサルティングのホームページをご覧ください。
(リンク »)


本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社
広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表) E-mail:pr@nex.nikkei.co.jp

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 
コーポレート・コミュニケーション室 竹澤・長山 TEL:(03)6733-1005 E-mail:info@murc.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

日本経済新聞社

日本経済新聞社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]