ベアフットのはき心地とミッドフットの着地。ウォーキングブーツ「Catcher」の注文受付を開始

株式会社ソニックバン 2019年07月03日

From PR TIMES

Tabisuke Tabizoと靴職人・五宝賢太郎氏が共同開発。オリジナルのバックルにより「クイックリリース&クイックフィット」を実現

Tabisuke Tabizo(タビスケタビゾウ 運営会社:株式会社ソニックバン/神奈川県逗子市、代表取締役社長:佐藤孝洋)は、ベアフット(裸足)のはき心地と、ミッドフットの歩行を両立させるウォーキングブーツ『Catcher(キャッチャー)』を、2019年6月12日(水)に新発売いたしました。『Catcher』は完全受注生産のため、7月分のご注文を7月1日(月)より受付中です。



[画像1: (リンク ») ]


■ウォーキングブーツ『Catcher』
『Catcher』は、長時間/長距離を歩行するバックパッカー(旅行者)に向けたウォーキングブーツです。軽量で柔らかいアッパーと特殊な形状のアウトソール、かかとの側面と足首を固定させるスタビライザーを組み合わせることで、地面を掴む(キャッチする)ような足指の動きと自然なミッドフットの着地、そしてベアフット(裸足)のような軽やかなはき心地を実現しました。


■主な特徴
(1)靴職人、五宝賢太郎氏(GRENSTOCK)との共同開発
一流メゾンのドレスシューズから最新のハイテクスニーカーのリペアや製造を手がけ、またドラマ『陸王』の美術アドバイザーを担当するなど、国内外で活躍する靴職人・五宝賢太郎氏(GRENSTOCK)をコラボレーターに迎え、長時間/長距離の歩行時にかかる足、膝、腰の負担の軽減を開発テーマにした「アッパーパターン」「アウトソール」「足首とかかとの側面を支持するスタビライザー」を開発いたしました。

[画像2: (リンク ») ]

[五宝賢太郎氏プロフィール]
1981年、徳島県生まれ。靴職人。靴工房「GRENSTOCK」オーナー。国立茨城大学生活デザイン科卒業。在学中より靴職人・稲村有好氏の元で修行を開始する。2008年にオーダーシューズとシューズリペアを専門とする「GRENSTOCK」を設立。一人ひとりに合わせたはきやすく、愛着の湧く靴を提案し、多くの靴愛好家から支持されている。また、さまざまな知識をもとに生み出されるデザインは、編集者やデザイナーなどクリエーターにも愛用者が多い。2016年には六本木にリペア専門の2号店をオープン。靴作りだけでなくドラマ『陸王』の美術アドバイザーやドアノブやカーテン、シャンデリア、ソファなど、皮革を用いたさまざまなプロダクトの製作、また2017年に「WWD JAPAN」誌においてこれからのファッション界を率いるネクストリーダーに選出されるなど、日本を代表するクリエーターとしても活躍中。


(2)ベアフット(裸足)のようなはき心地を実現させる「3Dメッシュ」と「独自のパターン」
アッパーのメインファブリックに伸縮性と通気性、軽量性に優れた3Dメッシュを採用することで、ソックスのようなフィッティングと、軽く、柔らかなはき心地を実現しました。また甲部分のみフィッティングを緩める独自のパターンにすることでむくみを抑え、ストレスの少ないベアフットのようなはき心地と、長時間/長距離歩行の最適性を追求しました。

[画像3: (リンク ») ]

(3)ミッドフットの着地
かかとを高く、中足部を薄くした特殊なデザインと、ミッドソールの中足部に低反発素材を入れ込んだアウトソール(GTのみ採用)が、着地の衝撃を和らげつつ、自然なミッドフットの歩行を促すため、長時間/長距離のウォーキングでかかる腰や膝の負担を軽減します。

[画像4: (リンク ») ]


(4)足首とかかとの側面を固定し、歩行を安定させる『GT Stabilizer(ジーティースタビライザー)』
Tabisuke Tabizoのロゴをモチーフにしたスタビライザー『GT Stabilizer(ジーティースタビライザー)』は、2本のベルトで足首を固定しながら、歩行時にブレやすいかかとを側面からサポートします。長時間/長距離ウォーキングや、路面の変化で蓄積される疲労と歩行の乱れを軽減させ、安定したウォーキングを促します。
[画像5: (リンク ») ]


(5)クイックリリース&クイックフィットシステム『TTQ2(ティーティーキューツー)』
『GT Stabilizer』と足袋の「こはぜ」から着想を得たオリジナルのバックル『フックラダー』を組み合わせたクイックリリース&クイックフィットシステム『TTQ2』により、わずか2回のアクションでジャストフィット。また素早いリリースを実現しました。
[画像6: (リンク ») ]

[動画: (リンク ») ]



(6)ヒール高が異なる2種類のアウトソール
ミッドフットの着地をより強く促すヒール高約55センチ(27.5センチ参考)の「GT」と、ナチュラルなミッドフットの歩行を促すヒール高約33センチ(27.5センチ)の「Touring」の2種類のアウトソールからお選びいただけます。


(7)完全受注生産
『Catcher』の生産は、靴職人・五宝賢太郎氏の工房『GRENSTOCK』にてすべて手作業で行われます。そのため完全受注生産となり、注文から納品まで約90日ほどいただきます。


(8)注文受付方法
●受付時期:毎月1日から受付開始/月末に受付締切(注文は1ヶ月ごとに受付)
●納期:受付締切後、約90日
※7月分の受付は、7月1日(月)から31日(水)まで。納品は10月下旬から11月上旬を予定
●注文受付場所:Tabisuke Tabizo オンラインショップ( (リンク ») )、「Tabisuke Tabizo ZUSHI」、取扱店「GRENSTOCK 六本木」にて受付中


■製品の概要
●名称:Catcher(キャッチャー)
●カラー:ホワイト/ブラック、ブラック/ブラック、レッド/ブラック
●発売日:2019年6月12日(水)
●サイズ:23.0cm~27.5cm
●価格:¥35,000(税込)
●販売店舗:
Tabisuke Tabizo オンラインショップ (リンク »)
Tabisuke Tabizo ZUSHI
GRENSTOCK 六本木
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


■Tabisuke Tabizoについて
Tabisuke Tabizoは、2011年に鎌倉で生まれたアウトドアブランドです。
現在は鎌倉の隣市であり、閑静な海の街として知られる逗子に本社を置き、
すべてのアイデア、テクノロジー、プロダクトをこの場所で生み出しています。

「Smart and Fast. より速く、もっと簡単に」
この開発テーマのもと、
たった2回のアクションでリリース&フィットするウォーキングブーツや、
1本のコードで3箇所を同時にコンプレッションするバックパック、
コンチョとラバーコードを組み合わせ、指先ひとつで開閉できるフラップなど、
バックパッカーのストレスを減らすため、
簡潔な動作で素早く機能するアウトドアプロダクトをデザインしています。

私たちの製品を通してストレスの少ない快適な旅と、
今までにない新しい価値をみなさまにお届けすること、
それがTabisuke Tabizoのミッションです。

公式サイト: (リンク »)




■読者、ディーラー、一般のお客様からのお問い合わせ先
Tabisuke Tabizo(株式会社ソニックバン)
●電話:046-884-9533(電話受付 火~金曜日10時~17時、土日月は定休日)
●メール:info@tabisuketabizo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]