デルタ航空、国際線メインキャビンの機内サービスを一新

デルタ航空 2019年07月03日

From PR TIMES

ウェルカムカクテル、温かいおしぼりサービス、ビストロスタイルのお食事を11月から提供



*本リリースは2019年7 月2 日にデルタ航空ウェブサイトのニュースハブに掲載された記事を翻訳したものです。

デルタ航空は、2019年11月より、国際線メインキャビンにて、業界初の機内サービスを提供します。搭乗時にウェルカムドリンクとして、カクテル「ベリーニ」をお配りするほか、温かいおしぼりのサービス、グレードアップした前菜とボリュームアップしたメインディッシュから、それぞれお好きなものを選んで組み合わせることができるビストロスタイルの機内食など、他社のメインキャビン(エコノミークラス)には無いサービスで差別化を図ります。

[画像1: (リンク ») ]


デルタ航空の機内サービス担当上級副社長、アリソン・オスバンド(Allison Ausband)は次のように述べています。
「デルタ航空では、お客様が航空機のどこに座っているかに関わらず、デルタ航空を選んでくださった方ひとりひとりに投資しています。メインキャビンで新たに提供されるきめ細かなサービスは、同じ目的を持つ客室乗務員たちよって考案されました。それは、お客様に喜んでいただける格別の経験を提供すること、そしてその経験は、業界最高のチームが誇りをもって提供できるものであることです。」

お気に入りのレストランで食事をする時のように、お客様が喜ぶ瞬間を想定して考案された新たなメインキャビンのサービスは、一年間にわたり成田ーポートランド線の700便以上で試験的に運用され、顧客満足度を向上し、高い評価を得てきました。

[画像2: (リンク ») ]

デルタ航空国際線メインキャビンの新しい機内サービス (リンク »)

客室乗務員によって考案され、お客様から支持を得たメインキャビンの機内エクスペリエンス
11月に導入される新サービスは、1年以上前に成田ーポートランド線で試験導入されました。約14,000時間近いフライト中のサービスの厳密なレビュー、1,800名以上のお客様からのコメント、客室乗務員からのフィードバック、24名の客室乗務員からなるデザインチームからの提案により、多くの変更を経て、革新的サービスが完成しました。

このサービス拡張に加え、デルタ航空では過去数ヶ月間、国際線の客室乗務員のリーダーである、3,000人以上のパーサー向けに特別トレーニングを実施しました。機内でのすべてのサービスを監督する責務に加え、搭乗ゲートでの自己紹介と、ドア口でお客様ひとりひとりにご挨拶することが追加されました。このようなお客様と客室乗務員との触れ合いは、思い出に残る瞬間をつくり、楽しい旅の経験として記憶に残ります。

最近アップグレードされたアメニティキットに加え、耳栓やヘッドホンの改良など、今後さらなる国際線のサービス向上が予定されています。これは、全てのお客様に業界最高の体験を提供するというデルタ航空の取り組みを示すものです。

国際線メインキャビンの新しいサービスは、デルタ航空が進めている総合的な顧客エクスペリエンス向上のための数十億ドル規模の投資計画の一環です。メインキャビンの機内エクスペリエンスについては、一部の長距離米国内線でのお食事の無料化、テキストメッセージ送受信の無料化、無料の機内エンターテインメント、スナックのアップグレード、スパークリングワインの追加、ほぼ全ての機材でのWi-Fiサービスの提供などの大幅な改善を実現してきました。デルタ・ワンの最近のアップグレードとしては、シェフが監修した季節ごとに変わる機内食メニューと、メインディッシュの事前予約、アレッシィ社デザインのオリジナル食器の導入などがあります。

*フライト時間が6.5時間以上の国際線と、フライト時間が6.5時間以下でもデルタ・ワンとデルタ・プレミアムセレクトが提供されている一部の短距離国際線


デルタ航空について
デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。
就航都市数:世界50 カ国以上、300都市以上
年間搭乗者数:約2億人
本社:米国ジョージア州アトランタ
運航便数:1日5,000(出発)便。スカイチームなど提携航空会社と合わせると一日に1 万5,000 便以上
提携パートナー:エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、大韓航空中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空、アエロメヒコ、ゴル航空、ウェストジェット
ハブ空港と主要マーケット:アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウル(インチョン)、東京(成田)
受賞:フォーチュン誌の「2018 年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、8 年間で7 度目の1 位。米ビジネストラベルニュース誌調査で初の8 年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出
情報発信チャネル:ホームページdelta.com、デルタニュースハブ (リンク ») 、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/delta

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]