【視認率100%】人事の間で話題!密かに人気の「学食トレイ広告」が採用ブランディング向けにリニューアル!

株式会社キャンパスサポート 2019年07月04日

From PR TIMES

学食のトレイ(=おぼん)を活用した学生特化の広告媒体!新卒採用の新たなツールとして話題に!

株式会社キャンパスサポート(本社:東京都新宿区、代表取締役:松本純、以下「当社」)は、学食トレイ広告の採用ブランディング向けパッケージをリニューアルし、7月1日にリリース致しました。

採用情報解禁前のブランディング強化のニーズ増加に対応し、ターゲットの学生に合わせたプランを新たに追加。セットプランで以前よりもお得に掲出が可能になりました!




■「学食トレイ広告」とは?

学食トレイ広告は学生が食事の時に利用する「トレイ(=おぼん)」にシール型の広告を貼り付ける媒体です。大学内に掲載できる広告媒体は少なく、これまで学生向けセールスプロモーションや採用活動など幅広く活用されてきました。

[画像1: (リンク ») ]


■「学食トレイ広告」の3つの特徴


[画像2: (リンク ») ]


【1】 食堂ごとに細かなセグメント設定が可能!

学食トレイ広告は「食堂」ごとに掲出が可能です。工学や建築学部、電気・電子工学など専攻別、学年別のターゲッティングも可能です。
[画像3: (リンク ») ]


【2】 視認率100%、接触時間15,000時間/月のアプローチ力

「学食トレイ広告」は注文の待ち時間からお食事中、おぼんの返却時まで常に視界に入るため、接触時間が非常に長い媒体です。また、学食を毎日利用する学生も多く、反復して刷り込みが可能なため視認率の高さも大きな特徴になっています。

[画像4: (リンク ») ]


【3】 他のマスメディアに比べ安価に掲出可能

テレビCMや交通広告など他の媒体に比べ安価に掲出が可能です。
食堂ごとに掲出が可能なため、ブランディング施策を初めて実施する企業様からも多く利用頂いています!

[画像5: (リンク ») ]


■採用市場でブランディングがトレンドに!

近年、採用市場では売り手市場が続いており、「採用ブランディング」というキーワードが大きなトレンドとなっています。

LinkedInの調査によると、雇用主の75%がブランディングは採用活動に重要な影響を与えると回答。また、求職者の72%も応募前に企業の評判やブランドを調べているという結果も出ており求職者側もブランドへの意識が高まっている状況。

[画像6: (リンク ») ]



当社への依頼も採用ブランディングを目的としたものが過半数を占めており、問い合わせ件数は2017年と比較し、300%増。実施企業数も年々増加しつつあり、採用ブランディングへのニーズが拡大しています。

[画像7: (リンク ») ]

実績はこちら: (リンク »)


■媒体費用目安(シール印刷を含む)

[画像8: (リンク ») ]

掲出先は予算・ターゲットに合わせて企業様ごとのご提案も可能です!


=================

■会社概要

会社名:株式会社キャンパスサポート
代表者:代表取締役会長 黒津隆広  代表取締役社長 松本純
資本金:1,000万円

設 立:2003年3月1日
本 社:東京都新宿区舟町6-5 四谷三丁目ビル7階
大阪支社:大阪府大阪市淀川区西宮原2-7-15 大学生協大阪会館内

URL: (リンク »)

=================

■本件に関するお問合せ

担当:平田、辺見、大窪
TEL:03-5312-5311
MAIL:koukoku@campussupport.co.jp

問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]