サブスクプラットフォームのFANCLOVE、2019年度1Qの登録クラブ数が前年同期比350%と急拡大。Twitter上でオンラインサロンが作れる「 #鍵垢サロン 」機能が貢献

株式会社バケット 2019年07月04日

From PR TIMES

サブスクブームの追い風により拡大

初期費用、月額費用無料から使えるサブスクプラットフォームのFANCLOVEは、2019年第1四半期(4月~6月)の登録クラブ数が前年同期比で350%となり、大幅な伸長となりました。



[画像1: (リンク ») ]


株式会社バケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋山 慎治)が運営する誰でも無料で簡単に自分のサブスクを作ることができるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ) (リンク ») 』の2019年第1四半期(2019年4月~6月)登録クラブ数が、前年同期比350%と大幅に伸長いたしました。

2019年より様々な業態においてサブスクリプションの導入が進んだことと加えて、2019年3月にリリースしたTwitterを使ったオンラインサロンサービス「鍵垢サロン」機能が貢献したものと思われます。


1.サブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」とは

自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム『FANCLOVE(ファンクラブ)』(URL: (リンク ») )は、自分のサブスクサービス(月額会員制サービス)を簡単に作れるサービス。クレジットカード、銀行振込、キャリア決済(docomo)に対応し、2016年のサービススタート後、アーティストやYouTuber、習い事の教室、実店舗の利用者向けサービスなど、様々な業態で活用いただいております。

FANCLOVE(ファンクラブ) (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]



2.登録クラブ数伸長の要因について
登録クラブ数が増加している要因については、以下と考えております。

(1)オンラインサロンの一般への普及
これまで一部の層が利用してきたオンラインサロンが普及期を迎え、様々なプラットフォーム上でサロンが展開されています。FANCLOVEでは2019年3月にTwitterを使った会員限定コミュニティの管理機能をリリースし、この機能を目的とした利用が増加しました。

(2)リアルビジネスでのサブスクリプションビジネス導入が増加
2019年に入り、「サブスクリプション」というワードがバズワードとなり、様々な業態での導入が進んでおります。FANCLOVEでも、リアルビジネスにおいてサブスクリプションのサービスが容易に導入できることから、特に中小のリアルビジネスでの登録数が増加しました。

(3)インフルエンサーの収益源の多様化
YouTubeで広告料収入を得る「YouTube パートナー プログラム」の対象となるチャンネルになるためには、チャンネル登録者数が1,000人以上、かつ総再生時間が4,000時間以上である必要があるなど、YouTubeにおいても広告収入のみでの収益確保が難しくなっています。広告に依存する形でなく、FANCLOVEを使った有料コミュニティを並行して運用することで、収益性の安定化を図るニーズに役立てていただいているものと考えられます。


3.Twitterで会員限定コミュニティが作れる!「鍵垢サロン」について

今回、伸長の要因となった、2019年3月にリリースした機能です。
通常、Twitterのアカウントでツイートすると、すべての人にそのツイートが見られる可能性がありますが、Twitterの公式機能である「非公開ツイート」という設定を行うことで、リクエストを承認した限られたメンバーにのみツイートを見せられるようになります。

この機能の設定をしたアカウントは、アカウントに鍵のマークがつくことから「鍵垢(かぎあか)」と呼ばれ、仲間内での閉じたコミュニケーションツールとしてTwitterを利用したい10代~20代を中心に活発に利用されています。

「鍵垢サロン」機能では、TwitterのAPIから情報を取得し、FANCLOVEでの会員情報と連携させることにより、クラブに入会・退会した会員の管理が簡単にできるようになります。


に、Twitterでフォロワーを多く抱える方が、非公開アカウント上で会員限定コンテンツを提供するなどの際には、SNSを跨ぐことなく、Twitterの影響力をそのままに収益化(マネタイズ)につなげることが可能です。

参考: サブスクプラットフォームのFANCLOVE、Twitter上でオンラインサロンが作れる「 #鍵垢サロン 」機能を公開
(リンク »)


4.FANCLOVEのその他の機能について

自分のサブスクが簡単に作れるサブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」では、誰でも簡単に月額課金型のサブスクサービスを作ることができます。

(1)最短1分でクラブを無料作成し、ファンを募ることができます
クラブと、ファンが参加するための課金プランを無料で簡単に作成可能。クラブを作ったら、FacebookやTwitterなどのSNSや店頭・チラシなどの媒体を活用し、ファンを募りましょう。

(2)ファンから会費(月額)が支払われます
登録したファンからは、毎月会費が支払われます。会費はFANCLOVEのシステム上で行われるので、余計な作業は必要ありません。

(3)ファンに特典を提供することができます
ファンには、入会メリットを提供していきましょう。特典の提供方法は、1.会員証を見せる 2.特典チケットを作成する の2通り。
特典チケットは、1回限り、1日1回、数量限定など、様々な提供形式に対応しています。

(4)ファンへの告知
タイムライン機能により、ファンに対して活動報告を簡単に行うことができます。

ファンクラブを開くために必要となる初期費用や、継続して利用するために必要な月額費用は発生しません。必要な費用は売り上げに応じて支払う手数料(8%、キャリア決済の場合は20%)のみでご利用いただけます。


5.株式会社バケット 会社概要
(1)商号    : 株式会社バケット
(2)代表者   : 代表取締役社長 秋山 慎治
(3)所在地   : 〒108-0071 東京都港区白金台5丁目11番2号 Barbizon20 4階
(4)設立年月日 : 平成18年7月2日
(5)主な事業内容:インターネット販促支援事業、Webメディアの運営、Webサービスの運営 ほか
(6)URL     :https:// bucket.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社バケット
担当 : 秋山
TEL  : 03-6277-4096
E-MAIL:toiawase@bucket.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]