横浜市と国立研究開発法人理化学研究所が協定を締結

横浜市 2019年07月04日

From PR TIMES

ライフイノベーションの推進に向けて一層の連携・協力を進めます! 

 横浜市では、健康・医療分野のイノベーションを持続的に創出するため、産学官金のネットワークである「横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP.横浜)」を推進しています。
 国立研究開発法人理化学研究所(以下「理研」)は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、各地の拠点で幅広い研究を進め、大学や企業との連携による共同研究、受託研究等を実施しているほか、研究成果の社会還元、産業界への技術移転を積極的に進めています。
 このたび、横浜市と理研は、イノベーションの創出、産業の振興、産学官金の連携による地域経済エコシステムの構築、科学技術に関する研究の推進及び研究成果の普及等を目的として協定を締結し、ライフイノベーションの推進に向けて、一層の連携・協力を進めます。


■連携・協力事項
・イノベーションの創出に資すること
・研究開発成果を基にした産業創出に関すること
・科学技術の振興及び普及啓発に関すること
・その他、本協定の目的を達成するために必要な事項

■期間
令和元年(2019年)7月1日から令和7年(2025年)3月31日

■問い合わせ先
横浜市経済局ライフイノベーション推進課 Tel 045-671-2037

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]