SIGNATE、NEDO事業「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/AI QUEST(課題解決型AI人材育成事業)に関する調査事業」を受託

株式会社SIGNATE 2019年07月04日

From PR TIMES

~AI技術を持つ先端IT人材不足に対し、拡大生産性のある教育手法の確立を目指す~

AI開発・運用、AI人材の育成・採用支援サービスを提供する株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募により実施する「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/AI QUEST(課題解決型AI人材育成事業)に関する調査事業」(※1)に対して提案を行い、採択されました。



採択されたのは、以下の2調査テーマです。

●調査テーマ1.「AI技術等の実践的スキル習得に効果的な教材のあるべき姿についての調査」
●調査テーマ3.「実践的な学習形式を通じたAI技術等を活用する人材の育成に効果的なPBL運営の場(オンライン)のあるべき姿についての調査」

本調査では、我が国における、実践的な学習形式を通じたAI技術等を活用する人材の育成についての検討を行い、「拡大生産性のある教育手法」の確立を目指すとともに、その方式・方法の効果と課題について明らかにすることを目標としています。

本事業では、調査テーマ1.「AI技術等の実践的スキル習得に効果的な教材のあるべき姿についての調査」、調査テーマ2.「実践的な学習形式を通じたAI技術等を活用する人材の育成に効果的なPBL手法及び運営メソッドのあるべき姿についての調査」及び調査テーマ3.「実践的な学習形式を通じたAI技術等を活用する人材の育成に効果的なPBL運営の場(オンライン)のあるべき姿についての調査」の3つの調査テーマで構成されており、当社は調査テーマ1.と3.を担当します。

※1「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」では、データ共有等の協調領域の最大化と、最先端のAI技術を用いたデータ利活用の拡大により、AI・データエコシステムを創出し、Connected Industries施策を加速させることを目的としています。本調査では、我が国における、実践的な学習形式を通じたAI技術等を活用する人材の育成について、3つの調査テーマの検討を行うものです。
・公募詳細: (リンク »)
・公募結果: (リンク »)


■株式会社SIGNATEの概要
株式会社SIGNATEは、「社会のAI人材プラットフォームになる」をミッションに掲げるAIソリューションカンパニーです。
[画像: (リンク ») ]

社 名 : 株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)  
本 社 : 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
資本金 : 2億80百万円(2019年4月1日時点) 
代表者 : 代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀
URL   : (リンク »)

■Press Releaseに関するお問い合わせ
株式会社SIGNATE 広報担当 糸賀
TEL:03-5745-3520
E-mail:info@signate.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]