【こんなはずじゃなかったのに!メイクの失敗エピソード大公開】6割以上の女性がメイクの失敗をしたことがあると回答!メイク上達に必要不可欠な●●とは…?

セリック株式会社 2019年07月04日

From PR TIMES

人工太陽が、あなたの人生を変えます。

セリック株式会社は、全国20代~60代の女性を対象に「メイク」に関するアンケートを実施しました。"メイク迷子"になっているオトナ女子は、ぜひご参考にしてください。



「あれ?なんだかメイクが浮いている気がする…。」
いつもと変わらないアイテムを使っているのに、いまいちメイクがキマらない…と感じたことはありませんか?

室内で鏡を見た時はナチュラルで落ち着いた雰囲気に見えていたメイクが、太陽の下ではギラギラとした濃いメイクに見える…なんて失敗もあるあるですよね。

『場所によってメイクの印象が変わってしまう問題』を解決するためには、どのような対策をするべきなのでしょうか。

今回、セリック株式会社( (リンク ») )は、全国20代~60代の女性を対象に「メイク」に関するアンケートを実施しました。
"メイク迷子"になっているオトナ女子は、ぜひご参考にしてください。

調査概要:『メイクに関するアンケート』
【調査日】  2019年6月19日(水) ~ 2019年6月20日(木)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,115人
【調査対象】 全国20代~60代の女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


6割近くの女性が「ベースメイク」に最も時間をかけていると回答!メイクの失敗エピソード大公開!

まず、「メイクで最も時間をかけているポイントについて教えてください」という質問をしたところ、『ベースメイク(57.1%)』と回答した女性の割合が最も多く、次いで『アイメイク(18.9%)』『眉メイク(12.7%)』と続きました。

[画像1: (リンク ») ]


ベースメイクは、ファンデーションを塗る前に下地やコンシーラーで整える工程があることや、色や質感の見え方によって印象が大きく変わることから、時間をかけている方が多いのかもしれませんね。

続いて、「メイクの失敗をしたことはありますか?」という質問をしたところ、『よくする』『たまにする』を含め、6割以上の女性が経験アリと回答しました。

[画像2: (リンク ») ]


■こんなはずじゃなかったのに!メイクの失敗エピソードとは?
・「薄暗いところでメイクをしたら、チークが尋常じゃないくらい濃くなってしまった」(茨城県/専業主婦/30代)
・「リキッドのアイラインが完全に乾く前に目を開いてしまって、まぶたに色がついてしまうことが時々ある」(静岡県/会社員/30代)
・「暗いところでメイクしていて、外で鏡を見た時に色の濃さにびっくりしたことがある」(熊本県/パート・アルバイト/40代)
・「アイラインとアイブロウを間違えてしまい、眉毛の色が濃くなってしまった」(埼玉県/専業主婦/40代)
・「ファンデーションがうまくのっていなかったため、出先で確認したら白くムラになっていた」(三重県/会社員/50代)
・「よくよく見ると、首と顔の色が全然違った」(千葉県/会社員/50代)

さまざまなメイクの失敗エピソードが集まりましたね。

光によるメイクの見え方の違いに「しまった!」と感じる女性が多いことから、メイクをする時は光の調整が大切であることが分かりました。


実際に、9割以上の女性が光によってメイクの見え方が違うと回答!

「蛍光灯・白熱灯・太陽光でメイクの見え方は違うと思いますか?」と聞いてみたところ、9割以上の女性が『はい』と回答しました。

[画像3: (リンク ») ]


毎日メイクをするうえで、使う化粧品にはこだわっていても、どこでメイクをするかについてこだわっている女性は少ないと思います。
しかし、メイクの仕上がりは光の加減によって左右されます。
最も自然に近い太陽光をイメージしてメイクをするのがベストと言えるでしょう。


女優ライトのメリット・デメリットとは?

皆さんは、"女優ライト"をご存知ですか?
女優ライトとは、モデルさんや女優さんがメイクをする時に使うようなライトがついている鏡のことを指します。
この女優ライトを使うことで、お肌の影がなくなり、メイクがしやすくなると言われているのです。

そこで、「女優ライトを使ったことはありますか?」という質問をしたところ、約1割の女性が『はい』と回答しました。

[画像4: (リンク ») ]


さまざまな特徴がある女優ライトですが、実際に使用している女性の割合は少ないようですね。

続いて、女優ライトを実際に使用している方にメリット・デメリットについて聞いてみました。

[画像5: (リンク ») ]


いかがですか?
女優ライトのメリット・デメリットが分かりましたね。

お肌の細部をチェックできる、暗いところでもライトで照らせる…といったメリットが挙げられましたが、女優ライトは青白いタイプが多く、実際の太陽光とは全く異なります。

そのため、女優ライトを使ってみたものの、結局仕上がりのイメージが違う…というパターンが多いようですね。

最後に、「太陽光を室内でも感じることができるライトがあったら欲しいと思いますか?」という質問をしたところ、8割近くの女性が『はい』と回答しました。

[画像6: (リンク ») ]


「太陽光を室内でも感じることができれば、室内と室外のギャップに悩まずに済んだのに!」
と思う女性が多いようです。


美しくありたい女性をサポートする。 メイク専用の太陽光照明「LINDA(リンダ)」



[画像7: (リンク ») ]


「室内で自分の顔を見た時は完璧だったのに、屋外で見るとなんでこんなにボロボロなの……?」
そのようなお悩みを抱えている女性におすすめなのが、セリック株式会社( (リンク ») )が取り扱うメイク専用の太陽光照「LINDA( (リンク ») )」です。

メイク時は「明るさ」も大切ですが、「色味」も実はとても重要です。

多くの女性が、メイクに限らず、お洋服を買った後に屋外で見たら色が違うという経験をしていることでしょう。

[画像8: (リンク ») ]


比較してみるとこんなにも違いがあることが分かりますね。

従来の女優ライトは青白く明るくなりますが、「LINDA」は太陽光と同じ色味で見えるため、室内でメイクをして外に出た時に「思った色と違う!」「よくよく見たらムラがある…」といった失敗を防ぐことができます。
そのため、「LINDA」を使うことで、メイクの仕上がり満足度がアップするのです。

メイクは明るい自然光が入るところで行うのが理想です。
しかし、多くの女性は自然光が入らない、もしくは薄暗い化粧室や自宅でメイクをしています。

より美を追求したい女性にとって、「仕上がりに不安を抱えている」「満足していない」といったシチュエーションは、美容だけではなく心の元気にも大きく影響してしまうことでしょう。

さらに、メイク直しをする時は、会社のトイレや車の中、飲食店のトイレなど、薄暗く色味が分かりにくい場所が多いと思います。
小型、軽量、鏡にくっつく「LINDA」は持ち運びが可能で、自宅でも外出先でもメイクを強力サポートします。
「LINDA」を使用して、楽しく、納得のできるメイク時間を過ごしてくださいね。

メイクの仕上がりに不安を感じている女性は、ぜひLINDAをご検討ください。

1984年の創業以来、化粧品開発の色評価や自動車・カメラ開発の色評価など、色のプロが使う太陽光照明を提供していたセリックが、これまで培ってきた人工太陽照明技術を用いて開発した携帯型太陽光照明「LINDA」で、女性の美をサポートいたします。

[画像9: (リンク ») ]



■株式会社セリック: (リンク »)
■LINDA: (リンク »)
■TEL:03-3555-2261(平日9:00~17:00)
■MAIL:serinfo@seric.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]