Profitero社「2019年プライムデー消費行動予測調査」~Amazonのみならずさらなる消費拡大となるイベントへ~

Profitero, Ltd 2019年07月05日

From PR TIMES

Amazonプライム会員の半数以上が今年はより多く消費すると回答

ECモール分析ツールの開発企業であるProfitero社は2019年5月、アメリカとイギリスに居住するAmazon プライム会員2000名(各国1,000名)を対象に調査を実施。「2019 Prime Day Predictions: Look back, look ahead(2019年プライムデー消費行動予測調査)」として結果をまとめた。本調査結果によれば、2019年Amazon Prime Day(プライムデー)は、Amazonとメーカーにとって、最も売上が期待できるイベントとなると言う。



同調査によれば、Amazonプライム会員は年々プライムデー期間中に、年々より多く消費をする傾向にあることが判明。アメリカではAmazonプライム会員の76%が今年プライムデーにショッピングする予定と回答し、昨年63%より13%増となった。プライムデーに対する興味は世界各国でも増加傾向にあり、イギリスでは67%が今年買い物するつもりだと回答、2018年52%の回答より増加している。

世界中のプライム会員は、プライムデーは消費するに値すると考えているようだ。同調査によれば、アメリカの62%回答者、イギリスでは半数の回答者がこの意見に同意している。Amazonプライム会員は、プライムデーに過大な期待を寄せており、昨年プライムデーで買い物をしたプライム会員の半数以上が(アメリカ:56%、イギリス:53%)が今年はより多く消費するだろうと回答している。

以下は、本調査の一部要約である。

● プライムデー効果は、Amazonのみならず、他ECモールビジネスにも波及:ほぼ全て(アメリカ98%、イギリス93%)のプライム会員がプライムデー(7月15日~16日)期間中にはAmazonで買い物をすると回答すると同時に、3分の1以上(アメリカ34%、イギリス38%)が他のECモールでもショッピングをするつもりだと回答。実際、プライム会員の半数以上(アメリカ58%、イギリス59%)が、Amazonでプライムデー商品購入前に他のECモールの価格をチェックすると答えている。

● 家電製品は今年も最も売れるカテゴリー、洋服や家庭用品も好調:Amazonプライムデー期間中に買い物をする予定と答えたプライム会員のうち、ほぼ4分の3(アメリカ71%、イギリス72%)が家電製品を購入するつもりだと回答、アメリカの会員58%(イギリスでは31%)が、洋服を買う予定、56%のアメリカのプライム会員(イギリスは58%)が家庭用品を購入する予定だと回答した。

● 食料品は、今年から消費が拡大か:食料品は、今年大きく売上を伸ばすカテゴリーとなると思われる。過去プライムデー期間中に買い物をしたプライム会員のうち、アメリカでは、ほぼ4人に1人(24%)、イギリスでは5人に1人(18%)が今年Amazonで食料品を購入するつもりだと回答している。

● プライムデーの割引・プロモーション価格商品は、消費者にブランド認知を高めるきっかけに:プライム会員の半数(アメリカでは56%、イギリスでは50%)が、もしプライムデー割引価格で売られていたら、普段買わない商品を試し買いするかもしれないと回答(アメリカでは55%、イギリスでは46%)

「メーカーにとって、プライムデーは、開催期間以上に長く恩恵を受けられる、贈り物のようなイベントといえるだろう。実際、昨年のプライムデー期間中、トラフィックを大きく伸ばした商品のうち66%が、プライムデー期間後少なくとも2週間後までトラフィックにおいて上昇傾向を維持したことが確認されている。今年のイベント期間中は、より多くの買い物客を魅了することが予想され、メーカーはAmazon及び他ECモールでの売上の最大化を図るべく、広告や宣伝キャンペーン、商品コンテンツや在庫管理を十分に最適化するべきだろう。」(Vol Pigruksh氏, Profitero社CEO兼共同創設者談)


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


Profitero社(プロフィテロ株式会社)について
Profitero 社は、eコマースデータ分析ツールの開発企業です。弊社ツールは、世界的な大手消費財メーカーがご利用されているもので、現在世界50 ヶ国以上、8,000 を超える EC モール(PC 及 びモバイル。アマゾン、楽天、ロハコなど世界中の全ECモール対象)上のデジタルデータを計測し、商品別表示順位や掲載ページ数、商品ページとの関連性の高いキーワードの特定、カスタマー・レビューや商品ページの問題点の特定と改善案の指摘、在庫切れの防止、対象商品の価格帯動向の把握など、eコマースビジネスの拡大施策のための行動にすぐにつながるヒントや情報を日々提供しております。

特にAmazonにおいては、弊社ツールは、上記情報だけでなく、Amazonで取引されている自社、他社、自社製品 を販売する第3者販売業者の売上高、売上数量、シェアを計測し、Amazon全体における対象製品市場の動向及び自社、競合、第3者業者の動向把握を可能とします。これにより、ご利用者様は、どのような要素が売上に影響を 与えているのかを細部にわたって把握することができます。世界的大手消費財メーカー(バイヤー 社、バイヤスドルフ社、アイロボット社、エッジウェルパーソナルケア社、ゼネラル・ミルズ社、 ハイネケン社、キッズ・ツー社、ミラー・クアーズ社、ロレアル社など)の多くが、e コマースビジネスを計測、向上させるのに役立つ、弊社のきめ細やかで高い精度を誇るデータを信頼してご利用されていらっしゃいます。

弊社サービス及び本調査結果についてより詳しくお知りになりたい方は Profitero社までご連絡ください。デモサイトを実際に使用してのご説明、1ヶ月のフリートライアルなどもご用意しております。

本調査レポートの詳細、弊社サービスについては以下へお問い合わせを

プロフィテロ株式会社(Profitero, Ltd)
EMEA事業開発本部 日本市場担当: 樋口
TEL: +44 (0) 79-1771-4431
Email: rie@profitero.com
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]