プレイド、「KARTE」導入支援の戦略パートナーとしてトランスコスモスとの業務提携を発表

プレイド 2019年07月05日

From PR TIMES

カスタマーサポートを含めた幅広い領域でソリューションの構築から運用までを提供可能に

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)は、トランスコスモス株式会社(東京都渋谷区:代表取締役社長兼COO奥田昌孝 以下、トランスコスモスとする)と業務提携し、デジタル基盤の構築からCRMやカスタマーサポートの実運用に至るまで、顧客企業における様々な部門でCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を活用した、デジタルトランスフォーメーションの実現を推進していくことをお知らせします。




[画像: (リンク ») ]




福岡・札幌の二拠点でトランスコスモスの「KARTE」運用のエキスパートチームが始動
トランスコスモスでは今後、顧客視点での様々なデータ活用を可能にするプラットフォームである「KARTE」の運用におけるエキスパートを2019年度中に社内で50名育成し、福岡・札幌の二拠点にあるマーケティングオペレーションセンターにて専門チームを立ち上げます。カスタマーサポート領域を含め、顧客企業の幅広い部門に対してのソリューション提供を強みとするトランスコスモスとの業務提携を通じて、企業のあらゆる部門・部署で顧客視点のデジタルトランスフォーメーションを推進します。


トランスコスモス株式会社 取締役 専務執行役員 稲積憲氏のコメント

トランスコスモスは、消費者と企業の「情報・コミュニケーションを快適に」を掲げ、デジタル広告・ソーシャルメディアからWebサイト・アプリ・LINEといった顧客の接点、CRMを基点に顧客への接客やコンタクトセンターでのサポートまでを行っている日本最大級のデジタルマーケティング企業です。
この度、プレイド社との協業を強化することにより、トランスコスモスが持つ様々な顧客接点でのサービス・知見に「KARTE」を組み合わせることで、お客様企業のCX最大化を支援してまいります。

トランスコスモス株式会社について

トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30カ国・167の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。

KARTEについて

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]