モンスター・ラボ、成都拠点にて中国市場進出を目指す企業向けに一気通貫ローカライズサービス提供を開始し、日本向けWEBサイトを公開

株式会社モンスター・ラボ 2019年07月05日

From PR TIMES

グローバルソーシング事業(世界中の IT エンジニア・クリエイターを活用し、デジタルプロダクトの 企画・開発・運用)を行う株式会社モンスター・ラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鮄川 宏樹<いながわ ひろき>)の成都拠点であるモンスター・ラボ テクノロジー(成都)有限会社(本社:中国四川省成都市、代表取締役社長:張 艶<チョウ・エン>、以下モンスター・ラボ テクノロジー)は、中国市場進出や事業拡大を目指す日本企業や向けに、コンサルティングから人材サービス、開発、運用までをワンストップで行うローカライズサービスの提供を開始し、WEBサイトをリリースいたしましたことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

■本サイト
(リンク »)

■本サイトリリースの背景
モンスター・ラボ テクノロジーは、中国クライアント向けに海外IT人材募集や海外市場におけるコンサルティング、ITローカライズを推進する他、海外のクライアントに対し、営業・IT分野での支援とローカライズを行ってきました。日本の大手中古品ブランドのグローバルECの開発と運用サポートや、大手IT企業の中国市場進出の際の中国市場向けのマーケティング調査及び企業マッチング、ユーザー調査を行うなど、すでに日本企業との実績もある中で、この度同モンスター・ラボグループ子会社である株式会社A.C.O. (本社:東京都品川区、代表取締役CEO:倉島 陽一、以下A.C.O.)がUX調査に携わることとなり、翻訳だけでない、ユーザ評価分析などWEBサイト・モバイルの高品質ローカライズを行うことが可能となります。この機に、従来も行ってきたコンサルティング、人材サービス、開発、運用の一気通貫ローカライズサービスを本格始動すべく日本企業向けに本サービスのWEBサイトをリリースいたしました。

[画像2: (リンク ») ]



■今後の展望
モンスター・ラボ テクノロジーは、今回のWEBサイトリリースを皮切りに、今後は市場のニーズに合わせてサービス向上・進化させてまいります。
また、モンスター・ラボグループとしても、以前よりグローバルソーシング事業の一環として行なってきたローカライズにおいて、実績をもとに更なるサービス向上を図ります。


■モンスター・ラボ テクノロジー(成都)有限会社 (モンスター・ラボ 成都拠点) 会社概要
所在地:中国四川省成都市高新区吉泰路666号 福年広場T1-711
設 立:2011年
代表者:張 艶
U R L : (リンク »)
事業内容:
1. グローバルソーシング事業
2. HR-tech事業
3. ゲーム開発事業


■株式会社A.C.O.(エーシーオー) 会社概要
所在地:東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル2F
設 立:2000年12月
代表者:倉島 陽一
U R L : (リンク »)
事業内容:デジタルプロダクトデザイン(UX/UI)、企業コミュニケーションデザイン、成長運用マネジメント


■株式会社モンスター・ラボ グループ会社概要
国内約300名、グループ約1,200名のエンジニア・クリエイター集団として、世界の最適な場所の最適なリソースを提供するグローバルソーシング事業を世界15カ国26都市で展開し、音楽配信事業、モバイルゲーム事業、コワーキングスペース事業、RPA(ロボットによる業務自動化)ツールなどの自社プロダクト事業も行っています。

[画像3: (リンク ») ]


所在地: 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー 4F
設 立: 2006年2月
資本金: 28億8,162万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役社長 鮄川 宏樹(いながわ ひろき)
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]