デル テクノロジーズ、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のRSA NetWitness(R) Platform導入を発表

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 2019年07月08日

From PR TIMES

インシデント対応強化と投資対効果の大幅な改善を実現

EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: (リンク ») ):(以下デル テクノロジーズ)は、同社のサイバー攻撃対策製品「RSA NetWitness(R) Platform」が、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:大場 康弘):(以下 ひまわり生命)のインシデント対応基盤として採用され、2019年2月に正式な運用を開始したと発表しました。ひまわり生命は、旧製品からのリプレースにより、検索性能の向上、インシデント対応強化、大幅なコスト削減を実現しました。



ひまわり生命は、2015年後半から段階的に多層防御対策を整備し、2017年前半には一通りの対策を完了しました。完了後に、当初目指していたセキュリティ水準を達成しているかを検証するため外部機関によるリスク分析を行いました。期待される水準は満たしていましたが、維持コストが高額であることや、今後の社内外の動向を踏まえたセキュリティ対策の見直しが必要であるという課題が浮かび上がりました。具体的には、ネットワークフォレンジックツールの維持コストが高額であることや検索性能が低く、調査能力に欠ける点でした。このため同社は、ネットワークフォレンジックツールを別の製品に置き換えて、コストを削減し、検索性能や調査能力を向上させ、課題の解決を図ることになりました。

そこで複数の製品を並行運用して評価試験を実施し、最終的に「RSA NetWitness Platform」の導入を決定しました。「RSA NetWitness Platform」は、要件充足性、運用性、信頼性、将来性、コストをはじめとする定量評価および、検索スピードや分析性能という定性評価で最も高い評価を受けました。IT基盤グループのサイバー対策チームの山田祐介課長代理は、「SEの技術レベルがしっかりしていて、導入後に不安を感じませんでした」と述べています。社内リソースでの運用が実証され、課題であった維持運用コストの削減と残存リスク対応ができると評価しました。

現在、サイバー対策チームでは、社内リソースで「RSA NetWitness Platform」を運用し、以前は検索や分析の性能上の理由で調査できなかった事象も、簡単に素早く結果を得られるようになり、より迅速かつ的確な対応ができるようになりました。さらに、同製品のパケットキャプチャ機能は任意の時刻のネットワーク状態を再現できることから、インシデント発生時の説明責任を果たすことにおいて有効であることも確認できました。

RSAは、プロアクティブな調査を実現するための体制を構築中のひまわり生命を引き続きサポートしていきます。


■「RSA NetWitness Platform」について
「RSA NetWitness Platform」は、RSA NetWitness Logs(ログの収集・分析)、RSA NetWitness Network(パケットの収集・分析)、RSA NetWitness Endpoint(エンドポイントのフォレンジック)、RSA NetWitness Orchestrator(運用の統合化と自動化)、RSA NetWitness UEBA(ユーザーや機器のふるまいを分析)の各コンポーネントからなるサイバー攻撃対策ソリューション。
「RSA NetWitness(R) Platform」は、視覚的に理解できるダッシュボード画面や調査手順に沿った操作ができる一貫性のあるユーザーインターフェースにより、使いやすさ、スピーディな分析性能を提供し、コストの削減とサイバー対策のプロアクティブな取り組みに貢献しています。

■デル テクノロジーズについて
デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。デル テクノロジーズ ファミリーには、Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、Secureworks、Virtustream、およびVMwareが含まれます。

■RSAについて
デル テクノロジーズの1ブランドであるRSAは、統合された可視性、自動化されたインサイト、協調的なアクションでデジタルリスク管理への統合化されたアプローチを組織に提供する、ビジネス主導のセキュリティソリューションを提供しています。RSAソリューションは最新の攻撃を効果的に検知、対応し、ユーザーのアクセス管理、ビジネスリスク、不正アクセスとサイバー犯罪を軽減するよう設計されています。世界中の数百万のユーザーをサイバー攻撃から守り、不透明かつハイリスクな世界においてフォーチュン500にランクインする9割以上の企業の成長に役立てられています。 (リンク »)

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。 (リンク »)


(C) Copyright 2019 Dell Technologies.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell, Dell EMC, Pivotal, RSA, Secureworks, Virtustream, VMware及びDell Technologiesが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Technologies又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]