未来のオフィス空間『point 0 marunouchi』において実証実験を開始

パナソニック 2019年07月08日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、株式会社オカムラ、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、ライオン株式会社、株式会社MyCity、アサヒビール株式会社、TOA株式会社、TOTO株式会社と協創し、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、2019年7月16日(火)より未来のオフィス空間づくりに向けた実証実験を開始します。

『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』の第1弾プロジェクトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペースです。今回新たにパナソニックをはじめアサヒビール、TOA、TOTOの4社がプロジェクトに加わり、各社の最新技術やデータ、ノウハウを活用し、オープンスペースや会議室、仮眠ブースなどにおいて、多様な働き方に合わせた空間コンテンツを導入します。実際に働く人の動きや生体情報、設置機器等の運転データを収集・分析し、コンテンツの高度化や新しいサービスの創出に取り組みます。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 未来のオフィス空間『point 0 marunouchi』において実証実験を開始(2019年7月8日)
(リンク »)

<関連情報>
・コワーキングスペース『point 0 marunouchi』
(リンク »)
・株式会社point0
(リンク »)
・ダイキン工業株式会社 2018年2月21日 プレスリリース
(リンク »)
・ダイキン工業株式会社 2018年7月30日 プレスリリース
(リンク »)
・ダイキン工業株式会社 2019年4月23日 プレスリリース
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]