『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ザ・シネマ新録吹き替え版!声優・宮内敦士さん、安原義人さん、本田貴子さんのコメント到着!さらに宮内さんのコメント付き番宣動画を公開!

株式会社 ザ・シネマ 2019年07月09日

From PR TIMES

宮内さん「またひと味違った『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観ていただけると思います。 」豪華プレゼント!宮内さん、安原さん、本田さんの3名の直筆サイン入り台本!



■ザ・シネマが 「(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版]」の制作・放送にあわせ、
吹き替え版の声優の宮内敦士さん、安原義人さん、本田貴子さんへインタビューを敢行!

[画像1: (リンク ») ]


 洋画専門CS放送ザ・シネマでは、 7月27日(土)に『(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』を放送します。

[画像2: (リンク ») ]

 今回のザ・シネマ新録吹き替え版には、主人公マックス(トム・ハーディ)に宮内敦士さん、敵役のイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)に安原義人さん、そしてヒロインのフュリオサ(シャーリーズ・セロン)に本田貴子さんなど超・実力派の声優陣が勢ぞろい。声優やセリフが新たになった本作は、過去に民放テレビの洋画番組を観て育った洋画ファンの方々に向けた、こだわりの日本語吹き替え版となっております。
 そこで今回は『(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』の収録を終えたばかりの宮内さん、安原さん、本田さんを直撃。「マッドマックス」への熱い思いを語っていただきました。
[画像3: (リンク ») ]

 さらに、ザ・シネマ新録吹き替え版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を体感していただくために宮内さんのコメント付き番宣を公開しました!

[動画: (リンク ») ]



 
 そして、宮内さん、安原さん、本田さんの3名の直筆サイン入り台本を抽選で2名様にプレゼントします。
 ザ・シネマ新録吹き替え版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』にぜひ、ご期待ください!
------------------------------------------------------------------------------------------------------
■オフィシャルコメント!

★主人公マックス(トム・ハーディ)の吹き替えを担当する宮内敦士さん

[画像4: (リンク ») ]


 今回の吹き替えのお話をいただいた時はうれしかったですね。劇場公開時は別の方がマックスの声を担当されたので、「マッドマックス」にはご縁がなかったのかなと思っていたんですけど、4年経って改めてこういうお話をいただいたので、頑張らなきゃなと気合いが入りました。トム・ハーディの吹き替えは本当に難しいんです。彼はカメレオン俳優なので、作品ごとに、そして細かく言えばシーンごとに、伝わってくるものが違ってくる。だから、こちらもこれまでに培ってきたものを総動員して、繊細に芝居をしていかないといけない。今回はマックスが持つ荒さ、孤独感、誰も近寄れない雰囲気といったものが失われてしまわないように意識してやりました。演出の木村絵理子さんには細かいところまで指導していただきまして、助かりました。さすが木村さんだと納得させられることも多かったですね。映画は、マックスの役がトム・ハーディになって、よりリアルな感じになったなと感じました。それとジョージ・ミラー監督ならではのスピード感がたまらないですよね。自分がもし役者として、その現場に立ち、そして演じるとしたら、これはどうやるんだろうと思うシーンばかりでした。今回は「ザ・シネマ新録版」ということで、劇場版とはまたひと味違った『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観ていただけると思います。ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

★イモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)の吹き替えを担当する安原義人さん
(※「マッドマックス( 日本テレビ版) (スーパーチャージ版)」、「マッドマックス2(スーパーチャージャー版)」「マッドマックス/サンダードーム (スーパーチャージャー版)」)で主人公マックス(メル・ギブソン)の吹き替えを担当)

[画像5: (リンク ») ]


 この映画は本当にすごい迫力でしたよね。これぞ映画、これぞ活劇、という感じがします。オファーが来たときは、『え? 俺はどの役をやるの? ひょっとして主役のトム・ハーディ?』なんて思ったんですけど、悪役のイモータン・ジョーの役だと聞いて(笑)。『なるほど、こういう手があったか』と思いました。僕に優等生をやれと言われても、何をやったらいいか分からないですから、悪役で出るというアイデアはいいなぁ、と。ちょっと得した感じがありますね。昔からこのシリーズはそうなんだけど、この映画にはクセのある俳優たちがたくさん出てきますからね。ただ、自分の声は軽めだから、この声で大丈夫かなとは思いました。ごつい役はあまりやらないですからね。基本的に自分は役作りをするというよりも、自分の中にあるものと、演じる役との共通点を探してそこに引き寄せて表現をするタイプなんですけど、わたしも結構ワルなところがありますからね(笑)。ただ、イモータン・ジョーも、子どものことや女性のことなどで悩みを抱えていて。ただのワルじゃないですからね。そういうところは面白いですよね。あらためて吹き替えをやってみて、イモータン・ジョーって本当にカッコいいなと思いましたよ。日本語吹き替えを担当する名スタッフたちがきっとカッコ良く作りあげてくれると思うんで、期待してください。

★フュリオサ(シャーリーズ・セロン)の吹き替えを担当する本田貴子さん
(※シャーリーズ・セロンの吹き替えを多数担当。フュリオサは劇場公開版に引き続き登板)

[画像6: (リンク ») ]


 今回お話をいただいた時「あの旅をもう一度するのかぁ..............」と思いました(笑)。何でしょう、劇場版の収録で、あの世紀末の世界に精神的にも追い詰められたのかもしれませんね。7000日数えて、そこで何かをあきらめたのか、どんな目にあっても前を向くと決めたのか。今回の新録版ではフュリオサがより男らしく描かれていたように感じます。この作品の中の女性たちは皆、こちらの想像を上回る行動力と精神力を見せてくれます。自分の役割を瞬時に理解し、今自分がすべきことを的確にこなします。こうありたいと思います。物語の軸でもある、フュリオサの目的に向かう彼女の強さが、 フュリオサの今回の男らしい台詞に表れていたのかなと思いました。
翻訳や監督が変わると作品の色も変わって、収録はとても楽しかったです。木村絵理子さんの演出はとにかく楽しいです!この作品は面白くなる!といつも確信してしまいます。そう感じるだけに、自分が木村さんの作品の歯車のひとつとしてちゃんと機能することができるか、緊張して臨んでいます。また新しいマッドマックスを、みなさま是非ご覧ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 『(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』放送記念プレゼントキャンペーン!
★宮内敦士さん、安原義人さん、本田貴子さんの3名の直筆サインを入れた『(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版] 』の台本を抽選で2名様にプレゼント!

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


「プレゼントキャンペーン」はザ・シネマのWEBサイトプレゼントページより応募ください。
※ザ・シネマの会員「ザ・シネマメンバーズ」へ会員登録(無料)が必要です。
応募期間:2019年7月8日(月)~2019年8月12日(金)
●プレゼント応募先ページ  (リンク »)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
■番組情報 『(吹)マッドマックス 怒りのデス・ロード[ザ・シネマ新録版]』
放送日:7月27日(土)12:30~/深夜01:00~/
8月12日(月・休) 06:30 ~/ 23:00~/
8月24日(土)12:30~/23:00~
[R15+] 暴力と狂気に支配された終末世界──30年ぶりとなる「マッドマックス」シリーズ最新作
特設サイト: (リンク »)
※随時、更新中!お見逃しなく!
番組情報: (リンク »)

[画像9: (リンク ») ]


<解説>
シリーズの創始者ジョージ・ミラー監督が、キャラクターから改造車まですべての要素をマッドに具現化し、アカデミー賞で6部門を受賞。女戦士フュリオサにスキンヘッドで扮するシャーリーズ・セロンも圧巻。
2015年 / オーストラリア / 120分 / アクション ・ SF

<声の出演>
日本語吹替え版キャスト(役名:俳優/声の出演)
マックス:トム・ハーディ/宮内敦士
イモータン・ジョー:ヒュー・キース=バーン/安原義人
フュリオサ:シャーリーズ・セロン/本田貴子
ニュークス:ニコラス・ホルト/榎木淳弥
弾丸農家(※旧 武器将軍) :リチャード・カーター/千葉繁
人肉喰らい(※旧 人食い男爵) :ジョン・ハワード/斎藤志郎
スプレンディド:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー/大地葉
ザ・ダグ:アビー・リー/木村珠莉
ケイパブル:ライリー・キーオ/伊瀬茉莉也
トースト:ゾーイ・クラビッツ/弘松芹香
フラジール:コートニー・イートン/本泉莉奈
リクタス・エレクタス:ネイサン・ジョーンズ/田中英樹
コーパス:クウェンティン・ケニハン/落合弘治
スリット:ジョシュ・ヘルマン/佐藤せつじ
その他声の出演:
勝 杏里、よのひかり、伊沢磨紀、勝平ともこ、八百屋 杏、ニケライ・ファラナーゼ、藤原大智、山口礼子、吉田勝哉、越後屋コースケ、福西勝也、伊原正明、田所陽向、武田太一、内野孝聡、山橋正臣、松田裕市、羽鳥 佑
<日本語版スタッフ>
プロデューサー/飯森 盛良
翻訳/小寺 陽子
演出/木村 絵理子
制作担当/和田 美緒、邑中 藍子
----------------------------------------------
■「ザ・シネマ」とは

[画像10: (リンク ») ]

映画の王道ハリウッド作品を中心に、ヒット作・話題作から心に残る名画まで、本編途中CM無しで、映画の魅力を100%、24時間お楽しみいただける洋画専門CSチャンネルです。スカパー!(227ch)、スカパー!プレミアムサービス(631ch)、J:COM、全国のケーブルTV局、ひかりTV、au ひかり 等でご覧いただけます。現在、500万世帯以上で視聴可能です。
▼公式WEBサイト: (リンク »)
▼視聴方法: (リンク »)
▼公式Twitter: (リンク »)
▼公式Facebook: (リンク »)

■一般の方のお問い合わせ先■
ザ・シネマ  (リンク »)
カスタマーセンターTEL:045-330-2176 (受付時間:平日9:30~18:30※祝日除く)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]