ポップアップ式EVFを採用した“PowerShot G5 X Mark II”を発売

キヤノン株式会社 2019年07月09日

From PR TIMES

携帯性に優れたコンパクトボディーとファインダー撮影を両立

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ポップアップ式のEVF(電子ビューファインダー)を採用し、携帯性を高めた“PowerShot G5 X Mark II”を2019年8月上旬より発売します。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

“PowerShot G5 X Mark II”は、内蔵EVFとバリアングル液晶モニターで好評を得た従来機種「PowerShot G5 X」(2015年10月発売)をリニューアルし、撮影スタイルにこだわりを持つハイアマチュアユーザーのニーズに対応します。

■ ポップアップ式EVFによりコンパクトボディーとファインダー撮影を両立
ポップアップ式のEVFを格納することで、携帯しやすい約110.9mm(幅)x約60.9mm(高さ)x約46.0mm(奥行き)のコンパクトサイズを実現しています。0.39型・約236万ドットの高精細有機ELパネルを採用したEVFを搭載しており、ファインダーによる快適な撮影が可能です。

■ 積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写の性能が向上
1.0型・有効画素数約2010万画素(※1)の積層型CMOSセンサーをキヤノンで初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上しました。また、キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影(※2)を実現しており(※3)、レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用できます。さらに、最大約30.0コマ/秒(※4)の高速連写ができるため、撮影者の狙った大切な瞬間を撮影できます。

■ 新設計の大口径レンズによる明るく豊かな表現力
新設計の大口径で明るい光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当(※5)/F1.8-F2.8)により、広角から望遠まで幅広い撮影表現ができ、暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能です。また、マクロ(近接)撮影では、広角側の球面収差を改良し、良好な解像感を得られます。

[表: (リンク ») ]



※1 総画素数は約2090万画素。
※2 4K(30p/25p)、自動水平補正 OFF、手ブレ補正設定OFF時。ハイフレームレート動画の場合、フルHD(120p/100p)。
※3 同時発表となるPowerShot G7 X MarkIIIでも同様に実現。
※4 RAWバーストモード時、AF固定で最大約70コマ(プリ撮影を含む)撮影可能。
※5 35mmフィルム換算。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]