【ライブレポート】中田裕二、<TOUR 19 “Sanctuary”>完遂!今秋、トリオ編成&弾き語りツアー開催決定!

株式会社テイチクエンタテインメント 2019年07月09日

From PR TIMES



8thアルバム『Sanctuary』を携えて5月16日からスタートした、バンド編成による全国ツアー「中田裕二 TOUR 19 “Sanctuary”」のセミファイナル公演が、6月23日に横浜ランドマークホールで開催された。

「お待たせ、横浜!」という挨拶でスタートしたのは、アコースティック・ギターの軽快なカッティングとリズミカルな鍵盤がファンキーな「ランナー」だ。中田による歌うようなリラックスしたラップのノリと、このツアーを重ねてきたバンドのグルーヴとが会場の空気を瞬く間にほぐして、観客は自然と歓声をあげ、その音に体をあずけ躍る。


[画像1: (リンク ») ]



この開放的で新鮮なはじまりから、続く「誰の所為」でさらにビートを加速させて、艶やかなシティポップ的な世界へとドライヴする。スリリングなスピードに観客の放つ熱も上がっていくのがわかる。「我がサンクチュアリへようこそお越しくださいました。このお洒落な街・横浜と、僕のお洒落な音楽が(笑)、マッチングするのが楽しみでございます」。中田はそうMCをすると、よりディープにアルバム『Sanctuary』の世界へと連れ立っていく。


[画像2: (リンク ») ]



「フラストレーション」「Deeper」、そして「月の憂い」という新旧織り交ぜた、美しくイマジネイティヴなミドル・チューンから、クラップが高鳴るモダンでゴージャスなダンス・チューン「ONLY I KNOW」や「テンション」へと、その歌心でバンド感を指揮し、あるいは軽やかにリズムに乗りながら中田は会場を一体化していった。

今回のツアーのメンバーは、張替智広(Dr)、隅倉弘至(B)、sugarbeans(Key)、平泉光司(G)、カトウタロウ(G)という布陣。互いに笑顔をかわしながら、白熱したプレイでウネリのあるサウンドを生み出していくバンドの姿に、この「TOUR 19 “Sanctuary“」という旅の充実感が滲む。

ジャジーな戯れと骨太なロック感とが手をとって躍る「サンクチュアリ」や、哀愁のあるギターがジェントルなヴォーカルを縁取るワルツ「endless」から酔わせた後半は、徐々にグルーヴの密度と重厚なギター・アンサンブルで、観客の心を突き動かして歓声や叫びをあげさせる。

「幻を突き止めて」、久々に歌うという「熱病」から「UNDO」へ、そして土煙を上げて地を駆っていく「レールのない列車」と、その興奮を加速度的にあげていく曲が並び、ライブはクライマックスへ。


[画像3: (リンク ») ]



ラストに据えたのは、アルバム『Sanctuary』を締めくくる「終わらないこの旅を」。「この旅(ツアー)は終わるけれど、僕の音楽を追求する旅は果てしなく続いていきます。これからも永いお付き合いができたら」と語った中田は、静謐なピアノのイントロにすっと息を吸い、語りかけるようなトーンでグッド・メロディを歌い上げていった。

耽美な歌謡的世界も覗かせながらも、ワクワクするような音楽的な好奇心、探究心や視点の鋭利さがあって、そして飾らぬ大人の戯れや色っぽさというものが、会場の心地よい空気、音を楽しむ空気を醸成していく。ナチュラルな中田裕二の魅力というものが満ち溢れたツアー。それが、アルバム『Sanctuary』の核となるものだ。自身を解放して、自由に音を追いかける躍動感や楽しさが、まっすぐに心を射抜くツアーとなった。


[画像4: (リンク ») ]



そして、9月からは、中田を含む3人編成=”trio saloon”(トリオ・サルーン)による3年半ぶりのツアーと、弾き語りツアー“中田裕二の謡うロマン街道”新規公演の開催が発表された。

“trio saloon”には、過去2回のツアーに参加したドラマー/パーカッショニストの朝倉真司に加え、近年数多くのアーティストの作品への参加で注目を集めるアレンジャー/キーボードプレイヤーのトオミヨウが初参加。トオミヨウは中田の近作『NOBODY KNOWS』(2018年)、『Sanctuary』(2019年)に続けて参加しているが、ライブでの共演は今回が初。先の作品群でも相性の良さは実証済みの2人なだけに、朝倉を加えた3人によるステージでの化学反応に大いに期待したいところ。

通年で行っている中田単独での弾き語りツアー”謡うロマン街道”は、オリジナル/カヴァー問わずその場で選曲されるセットリスト、距離の近い空間、会場のセレクトのユニークさが好評を博しているチケット完売続出のシリーズ。

アルバム『Sanctuary』で自身の可能性をさらに押し広げた中田の活動から、ますます目が離せない。


[画像5: (リンク ») ]


■ライブレポート text by 吉羽さおり
■LIVE photo by 浜野 カズシ

※写真は、2019年6月15日に行われた EX THEATER ROPPONGI での公演となります。


■中田裕二 TOUR 19 “Sanctuary”
2019年6月23日(日) 横浜ランドマークホール
1. ランナー(Al.『Sanctuary』)
2. 誰の所為(Al.『Sanctuary』)
3. フラストレーション(Al.『Sanctuary』)
4. Deeper(Al.『thickness』)
5. 月の憂い(Al.『Sanctuary』)
6. ONLY I KNOW(Al.『Sanctuary』)
7. テンション(Al.『Sanctuary』)
8. 未成熟(Al.『BACK TO MELLOW』)
9. マイ・フェイバリット(Al.『アンビヴァレンスの功罪』)
10. サンクチュアリ(Al.『Sanctuary』)
11. endless(Al.『école de romantisme』)
12. 幻を突き止めて(Al.『Sanctuary』)
13. 熱病(椿屋四重奏 / Al.『薔薇とダイアモンド』)
14. UNDO(Al.『MY LITTLE IMPERIAL』)
15. レールのない列車(Al.『Sanctuary』)
16. 終わらないこの旅を(Al.『Sanctuary』)
en1. イニシアチブ(配信EP『MIDNIGHT FLYER』)
en2. MIDNIGHT FLYER(Al.『アンビヴァレンスの功罪』)

※Spotifyにて、本ツアーのセットリストのプレイリストを公開中!
<中田裕二 TOUR 19 "Sanctuary">
(リンク »)


■ライブ情報
中田裕二 trio saloon(中田裕二 × トオミヨウ × 朝倉真司)
<TOUR 19 “minimal dandyism 3”>
2019年9月15(日) 大阪:ビルボードライブ大阪 ※2ステージ実施。 1st/2ndは、入替制です。
2019年9月16(月・祝) 愛知:名古屋ブルーノート ※2ステージ実施。 1st/2ndは、入替制です。
2019年9月19(木) 東京:ビルボードライブ東京 ※2ステージ実施。 1st/2ndは、入替制です。
2019年9月23日(月・祝) 神奈川:横浜 THUMBS UP ※2ステージ実施。 1st/2ndは、入替制です。
2019年9月29日(日) 石川:金沢21世紀美術館 シアター21

<“中田裕二の謡うロマン街道”> *中田単独での弾き語りツアー
2019年9月28(土) 石川:加賀 竹の浦館
2019年10月20日(日) 岩手:一戸町 萬代館
2019年10月22日(火・祝) 山形:庄内町文化創造館 響ホール(小ホール)
2019年10月25日(金) 大阪:旧桜宮公会堂
2019年10月26日(土) 静岡:浜松 天王山 福嚴寺

<オフィシャルサイト>
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]