焼肉チェーンNo.1店舗数(※1)の牛角より19年振りに日本で解禁 ウルグアイ産牛肉メニュー販売開始

株式会社レインズインターナショナル 2019年07月10日

From PR TIMES

- 2019年7月10日(水) ~ 9月1日(日) 牛角全店で販売 - (※1)2019年7月1日現在

コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナル(本社:横浜市西区・代表取締役社長 根本 寿一)では「牛角」(全国627店舗 ※2019年6月1日時点)にて、2019年7月10日(水)から9月1日(日)まで、ウルグアイ産牛肉を使用したメニューを販売いたします。



[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

■牛ヒレ肉のガリバタステーキ 980円

[画像3: (リンク ») ]



■牛ヒレ肉の切り落とし 690円

<やわらかさと旨味の強さが特徴のウルグアイヒレ肉の導入>
7月10日(水)より、今年輸入解禁となった南米・ウルグアイ産の牛ヒレ肉を使用した新メニューを販売します。牛角ではお客様に新しい発見や体験をして頂きたいという想いを持っており、19年振りに解禁となるウルグアイ肉に注目いたしました。やわらかさと旨味の強さが特徴のウルグアイ産牛ヒレ肉を60日間熟成し、厚切りカットで提供します。
ナイフで切らなくても、そのままお召し上がりいただける程のやわらかさです。

国土の約8割が草原というウルグアイでは、牛は放牧されて牧草を食べて育ちます。餌となるライグラス等の良質な牧草を食べて育った牛は品質が良く健康と言われています。
一般的に低カロリー高タンパク質といわれている赤身肉は、健康志向のお客様にもお薦めです。他ではなかなか味わえないウルグアイ産の牛ヒレ肉を、是非ともご体験ください。

<駐日ウルグアイ大使 セサル フェレール氏からのメッセージ>
成長ホルモンを使用しない、自然環境の下で育てた「グラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)」は安全で、赤身が多く高タンパク質でありながら低カロリーでヘルシーなお肉です。
食に関して非常に厳しい基準と高い知識を持たれる日本の皆様に、ナチュラルでとても”美味しい”ウルグアイビーフをご紹介できることを大変光栄に思います。

※価格は全て税抜表示です。
※写真はイメージです

【 一般のお客様のお問い合わせ 】
株式会社レインズインターナショナル お客様センター E-mail:voice@reins.co.jp
TEL:0120-142-029 (オペレーター受付時間・・・月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝休)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]