《緊急重版決定》完売店続出。発売5日で異例の重版! 「韓国・フェミニズム・日本」を特集した文芸誌「文藝」2019年秋季号。「文藝」では17年ぶりの重版。

河出書房新社 2019年07月10日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)は7月5日に発売した季刊文芸誌「文藝」2019年秋季号を、9日夜、発売5日で重版することを決定しました。(7月19日以降順次書店着予定です)
「文藝」2002年冬季号以来、17年ぶりの重版です。

「文藝」は1933年に創刊された日本でも最も歴史の古い文芸雑誌のひとつです。前号より約20年ぶりに大幅リニューアル、2号目にして文芸誌としては異例の重版となりました。

今号の特集は「韓国・フェミニズム・日本」。いま『82年生まれ、キム・ジヨン』がベストセラーになるなど、大きく話題となっている韓国文学を通し、日本文学の現在と世界文学のこれからを照射しています。特集巻頭には韓国文学ブームの立役者とも言える斎藤真理子と、日本の翻訳文学の発展に大きく携わってきた鴻巣友季子による対談「世界文学のなかの隣人──祈りを共にするための「私たち文学」」を掲載。世界文学の中における、「隣人」同士としての日本と韓国文学を考察します。

他に『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者である韓国作家チョ・ナムジュ、直木賞作家の西加奈子ら、日韓作家10人による短篇競作。日本人作家はもちろんですが、アジア初の国際ブッカー賞作家、ハン・ガンによる「京都、ファサード」、パク・ソルメ「水泳する人」は本誌のための書き下ろしであり、また、イ・ラン「あなたの可能性を見せてください」も本誌で世界初の公開。さらに今、20代を中心に大きな支持を得ている韓国出身・日本語ラッパー、MOMENT JOONの自伝的小説「三代」も抄録しています。

海外からの寄稿を多く集めたことや、多分野からフェミニズムを考える論考が集まった構成が発売前より話題となり、初日から売り切れ店が多数報告され、さらに刊行後はSNSを中心に口コミが拡がり、全国書店でも完売店が続出。また発売5日目、大手書店チェーン紀伊國屋書店の全国消化率が76%を超える(7/8現在、紀伊國屋書店PubLine調べ)など、話題だけではなく売れ行きも異例の事態であることを鑑み、重版の運びとなりました。

今回の大きな反響を受け、本特集の単行本の刊行が11月に決定。単行本化にあたっては本テーマをさらに深めた充実の内容を予定しています。また本特集をきっかけとして、韓国の出版社との合同企画も現在進行中です。

他にも山崎ナオコーラの新境地となる傑作「リボンの男」(140枚)を掲載。また著書『ルポ 川崎』が話題となった磯部涼の新連載「移民とラップ」も開始。気鋭の作家・李龍徳の連載「あなたが私を竹槍で突き殺す前に」最終回、前号よりスタートしたいとうせいこう「福島モノローグ」、岸政彦×柴崎友香「大阪」など人気連載も、今回の大反響につながったことが考えられます。


「文藝」は今年4月発売の夏季号よりコンセプトとデザインを一新、約20年ぶりの大幅リニューアルが好評を博しました。そのリニューアル号を上回る今回の反響に、編集部は非常に驚きながらも、現代における文芸誌の役割に大きな手応えを感じています。今後も最高に面白い世界/日本文学シーンの最前線を発信していきます。
(「文藝」編集長 坂上陽子)


「文藝 2019年秋季号」
雑誌 A5/568ページ
雑誌コード:07821-08
発売日:2019.07.05
特別定価:1,490円(本体1,380円)
(リンク »)

▼発売リリースはこちら
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]