経済的負担の軽減で社会人としての第一歩を応援 『奨学金返済補助制度』を開始 入社から1年間、月額最大2万円を支援

株式会社ノースサンド 2019年07月10日

From PR TIMES

コンサルティング事業を展開する株式会社ノースサンド(東京都中央区/代表取締役社長:前田知紘)は、2021年度入社の新卒社員に向けて、『奨学金返済補助制度』を開始いたします。



日本学生支援機構の「平成28年度学生生活調査」によると、学生の約50%が奨学金を受給しており、その奨学金の多くは卒業後、返済が必要となる貸与型。つまり、奨学金返済への不安を抱えたまま社会人生活をスタートさせる方が多いと考えられます。ノースサンドは新卒社員の奨学金返還における金銭的な負担や不安を軽減し、安心して社会人としての第一歩を踏み出すことができるよう、『奨学金返済補助制度』を導入する運びとなりました。

支援期間は「入社より1年間」に設定。これは、入社から1年間は奨学金返済という経済的不安から離れて仕事に向き合うことで、2年目を迎える頃にはコンサルティングのプロとして、自身が稼いだお金で返済できるよう成長してほしいという願いも込められています。ノースサンドではどれだけ自身が成長したか、チームの成長に寄与したか、お客様に価値を提供できたかを重視して評価を行なっています。そのため結果に応じて2年目での昇進の可能性もあります。

ノースサンドは、コンサルティングを「お客様の実現したいことをデザインする仕事」と捉え、1社でも多くの会社の力となることで、世界をデザインできる会社となることを目指しています。日本ではいまだ当たり前ではない『奨学金補助制度』に、ベンチャー企業であるノースサンドが率先して取り組むことで、社会のスタンダードをデザインする一歩となればと考えています。

【制度概要】
対象者: 2021年度入社の新卒社員(選考の中で対象者を決定)
対象奨学金: 日本学生支援機構奨学金
支援期間: 入社より1年間支援金額: 毎月返済額の全額(上限2万円とする)

【会社概要】
株式会社ノースサンド (NorthSand, Inc.)
ノースサンドは、大手コンサルティングファームにて経験を積んだ代表取締役・前田 知紘が2015年に創業。「横のつながりが希薄」「コンサルタントはクライアント先へ直行直帰」といったコンサル業界の慣習への違和感を徹底的に排除した会社を目指し、居心地のよいオフィスづくり、月に1度の全社員集会開催といった横のつながりを意識した施策を積極的に展開している。

所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-10  ヒューリック銀座ビル4F
事業領域: ビジネスコンサルティング/ITコンサルティング/新規事業立ち上げ

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]