オートキャンプ参加人口6年連続で前年増、ソロキャンプが人気に。

一般社団法人日本オートキャンプ協会 2019年07月10日

From PR TIMES

2018年日本国内のオートキャンプ動向を調査した「オートキャンプ白書2019」を発行

日本オートキャンプ協会(本部:東京都新宿区、会長:明瀬一裕)は7月10日、国内のキャンプの状況を分析した「オートキャンプ白書2019―のんびり「ソロキャンプ」-」を発表、7月29日に発行する。



同書は、2018年オートキャンプの状況をキャンパー、キャンプ場、用品、クルマと4分野に分けて調査、分析したもので、同協会が1986年から発行している。


2018年は、夏は天候に恵まれなかったものの、秋から冬にかけてのキャンプ需要が伸び、2018年の「オートキャンプ参加人口」は850万人と2017年の840万人を1.2%上まわり、6年連続して前年比がプラスとなった。
[画像1: (リンク ») ]


2018年の特徴として、「ソロキャンプ」の増加があげられる。You Tubeなどで芸能人のキャンプが人気を呼び、またメディアなどでもソロキャンプが取り上げられ人気を呼んだ。また、こうしたソロキャパーを対象としたイベントが、平日に開催されるなど18年は平日稼働も注目された。こうしたソロキャンプ人気を背景にキャンプ用品では一人用の用品販売が好調だった他、冬キャンプ用の高価格帯のシュラフなどの販売が好調だった。

2018年の特徴として、「ソロキャンプ」の増加があげられる。You Tubeなどで芸能人のキャンプが人気を呼び、またメディアなどでもソロキャンプが取り上げられ人気を呼んだ。また、こうしたソロキャパーを対象としたイベントが、平日に開催されるなど18年は平日稼働も注目された。こうしたソロキャンプ人気を背景にキャンプ用品では一人用の用品販売が好調だった他、冬キャンプ用の高価格帯のシュラフなどの販売が好調だった。
[画像2: (リンク ») ]


【調査概要】
1.キャンパーとキャンピング活動の実態
調査対象:キャンパー 4,110人年齢(18~79歳)
調査地域:北海道から沖縄県まで
標本抽出方法:日本オートキャンプ協会の会員オートキャンプ場
       411カ所の利用者から無作為に抽出
調査方法:アンケート用紙をキャンプ場で直接渡し記入
調査項目:31項目
調査時期:2018年8~10月

2.オートキャンプ場管理と運営の実態調査
調査対象:オートキャンプ場516カ所の経営者もしくは支配人
調査地域:北海道から沖縄県まで
標本抽出方法:オートキャンプ場より無作為に抽出
調査方法:郵送によるアンケート方式
調査項目:40項目
調査時期:2018年11~12月

【書籍概要】
「オートキャンプ白書2019」
-のんびり「ソロキャンプ」-

[画像3: (リンク ») ]



A4判105頁 6,900円 (税込・送料無料)
発 行  一般社団法人日本オートキャンプ協会
TEL 03-3357-2851 FAX 03-3357-2850
E-mail jac@autocamp.or.jp
ご購入の際は下記協会ホームページからお申し込み下さい。                        URL: (リンク »)                           

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]