タリーズコーヒー全店で、バイオマスプラスチックを配合したストローを導入

タリーズコーヒージャパン株式会社 2019年07月10日

From PR TIMES

~バイオマスプラスチックを25%配合したストローに切り替えます。~

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林義雄、以下:タリーズコーヒー)は、タリーズコーヒー店舗において提供しているプラスチックストローを、バイオマスプラスチックを25%配合したストローに切り替え、プラスチックおよびCO2削減に取り組みます。



タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林義雄、以下:タリーズコーヒー)は、タリーズコーヒー店舗において提供しているプラスチックストローを、バイオマスプラスチックを25%配合したストローに切り替え、プラスチックおよびCO2削減に取り組みます。

取り組みの内容は、下記の通りです。

バイオマスプラスチックとは?
バイオマスプラスチックとは植物由来の非分解性プラスチックのことであり、新しく導入するストローには、バイオマスプラスチックを25%配合しております。


バイオマスプラスチック配合のストローを導入することにより・・・
バイオマスプラスチックの導入を進めることにより、化石資源への依存度が低減され、資源循環性が向上します。また、バイオマスプラスチックのカーボンニュートラル特性※により、CO2の排出の削減につながります。


長さも調節しています。
10月の全店導入時には現行のストローよりも長さを3cm短くしプラスチック使用量の削減に取り組みます。


導入時期
7月に関東の一部店舗で試験導入を行い10月よりタリーズコーヒー全店で導入を予定しております。


※カーボンニュートラル特性
カーボンとは「炭素」を、ニュートラルとは「中立」を意味します。バイオマスも燃焼するとCO2を排出しますが、植物は成長過程で光合成などによりCO2を吸収しており、全体でみると、大気中のCO2を増加させず、収支はゼロと見なされます。


[画像: (リンク ») ]

上が旧ストロー、下が新ストロー。紙ナプキンには、コーヒー豆のシルバースキンを配合しています。


<プレスリリース>
(リンク »)


この件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先:タリーズコーヒージャパン株式会社 お客様相談室
TEL:03-3268-8320 受付時間 月~金曜日10:00-17:00(祝日を除く)
ホームページ:www.tullys.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]