キヤノンが日本医療機器開発機構(JOMDD)に出資 メディカル事業の拡大を加速

キヤノン株式会社 2019年07月10日

From PR TIMES

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長 CEO:御手洗 冨士夫、以下「キヤノン」)は、株式会社 日本医療機器開発機構(本社:東京都中央区、代表取締役:内田 毅彦、以下「JOMDD」)に出資し、業務提携を行う契約を2019年7月9日に締結しました。

キヤノンは、2016年から推進する新5カ年計画「グローバル優良企業グループ構想」フェーズVにおいて、「戦略的大転換を果たし、新たなる成長に挑戦する」ことを基本方針としています。特に重要戦略と定めている「新規事業の強化拡大と将来事業の創出」において、4つの新規事業の一つを「メディカル」に定め、その強化・拡大を進めています。

このほど、キヤノンは、国内外の大学や企業と連携し医療機器製品などの事業化を推進するインキュベーターであるJOMDDに出資し、業務提携を行う契約を締結しました。本出資の目的は以下の通りです。

1.JOMDDが保有するベンチャービジネス案件にキヤノンが参画することで、オープンイノベーションを通じた、医療分野における新たな価値創出を行う。

2.医療分野におけるキヤノン発の新規案件について、JOMDDと共に事業の将来性を見極め、事業化を加速する。

これにより、キヤノンのメディカル事業の強化および事業領域の拡大を加速するとともに、日本発の医療機器や医療ソリューションを創出することで、世界の医療に貢献し、日本の医療産業の活性化を目指します。

■JOMDDの概要
会社名:株式会社 日本医療機器開発機構
代表者:代表取締役 内田 毅彦
所在地:東京都中央区日本橋本町二丁目3番11号
設立年月日:2012年9月12日
事業内容:
医療機器の研究開発・製造販売、介護福祉機器ならびに医薬品の研究開発、医薬品・医療機器・介護福祉機器の臨床試験の企画/立案、医療機器インキュベーション事業、薬事・品質保証関連業務全般など。

URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]