森絵都さん“初”の書店サイン会を開催!最新刊『カザアナ』発売記念

株式会社朝日新聞出版 2019年07月11日

From PR TIMES

7月24日(水)19:00~@丸善丸の内本店 

『カザアナ』(7月5日発売)の発売を記念して、著者の森絵都さんのサイン会を丸善丸の内本店で行います。森絵都さんの30年近い作家生活で、初めての書店でのサイン会です。ぜひご来場ください。



[画像1: (リンク ») ]

『カザアナ』刊行記念 森絵都さんサイン会概要
【開催日時】2019年7月24日(水)19:00~
【会場】丸善丸の内本店 2F特設会場
【定員】100名様
※要整理券(電話予約可)、定員に達し次第受付終了。
ご予約方法やイベントの詳細は下記ホームページをご確認ください。
(リンク »)

◆著者プロフィール
森絵都(もり・えと) 1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。90年「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。95年『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、98年『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞、『つきのふね』で野間児童文芸賞、99年『カラフル』で産経児童出版文化賞、2003年『DIVE!!で小学館児童出版文化賞、06年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞、17年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞、本屋大賞2位。著書に『永遠の出口』『いつかパラソルの下で』『ラン』『この女』『漁師の愛人』『クラスメイツ』『出会いなおし』など多数。


[画像2: (リンク ») ]


『カザアナ』森 絵都
ISBN:9784022516145/定価:1836円(税込)
発売日:2019年7月5日
国力は低下の一途をたどり、監視ドローン飛び交い閉息感が増すばかりの少し先のニッポン。この社会で負けじとタフに生きる女子中学生 里宇(りう)と、母&弟の入谷ファミリーは、石や虫などの自然と心を通わせられる不思議な力を持つ“カザアナ”の末裔と出会う。入谷家&カザアナたちは、不登校中の長男・早久(さく)を皮切りに様子の妙なクラスメイトや職責に悩む市役所員など、かかわった人たちをほんの少し笑顔にしていく。やがて一同は謎のゲリラ組織ヌートリアと相見え、騒動はやがて国を越え――。
作家生活30年目の想像力が大爆発。時空を越えて広がる圧倒の物語世界は、読むほどに勇気があふれ笑顔がこぼれます。純度100%のエンターテインメント小説にして、令和時代のハッピーなおとぎ話。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]