ワイヤレス再生やハンズフリー通話が手軽に楽しめる、パイオニアブランドのワイヤレスイヤホン「SE-C4BT」と、TVアニメ『抱かれたい男1位に脅されています。』とのコラボレーションモデルを予約販売。

オンキヨー株式会社 2019年07月11日

From PR TIMES

オンキヨー株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:大朏 宗徳)は、ワイヤレス再生やハンズフリー通話が手軽に楽しめるパイオニアブランドのワイヤレスインナーイヤーヘッドホン “C4wireless” (シーフォーワイヤレス) 「SE-C4BT」と、TVアニメ「抱かれたい男1位に脅されています。」※1とのコラボレーションモデルを予約販売します。



[画像1: (リンク ») ]


エントリークラスのモデルながら、強磁力希土類マグネットを採用した高感度ドライバー採用に加え、ノズルに角度を付け ドライバーを耳穴に向けた「イヤーダイレクトマウント構造」をとることで、コンパクトでもクリアで豊かな高音質再生と高い装着感を実現しています。また、極太のφ2mmケーブルを採用することで丈夫で絡みにくくなっています。

更にC4wirelessでは、Bluetooth(R)接続によりワイヤレスで音楽と通話を楽しめるだけでなく、耳元の3つの操作ボタンとマイクで簡単に音量調整、楽曲操作、通話などスマートフォン※2の音声アシスタントを起動するができます。また、1.5時間の充電で最大6時間※3の長時間再生、2台までのデバイスを同時に接続できるマルチポイントに対応しており、同時着信待受が可能です。他にも、スマートフォン着信メール、SMSに加え、LINE やTwitterなどの通知を音声で読み上げる Android™ 向音声読み上げアプリケーション 「Notification App」※4に対応するなど、便利で使いやすい機能を搭載しています。

本コラボレーションモデルは、本作キャラクターの「東谷准太」モデルと、「西條高人」モデルのラインナップとし、両キャラクターをモチーフにしたデザインをハウジングに施しました。「東谷准太」モデルは白ベースのハウジングに作中に登場する「白い羽根」を表現し、「西條高人」モデルは黒ベースのハウジングに「トーニャカさん」を表現しました。特典のオリジナルモーテルキーホルダーは、キーリングが付いた樹脂製で、ブルーグリーンのさわやかな色味で両モデルに使用したマークを施したシンプルなデザインです。

オリジナルパッケージには、「東谷准太」「西條高人」のキービジュアルを採用しており、裏面には原画を採用しました。

※1「抱かれたい男1位に脅されています。」   (リンク »)
※2 スマートフォンによっては、一部の操作に対応できない場合があります。
※3 使用環境により連続通信時間が変わる場合があります。
※4 「Notification App」は、オンキヨー株式会社を親会社とするオンキヨーグループが、株式会社ネイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:山本健太郎)と共同開発した、パイオニアブランドの Bluetooth(R)対応ワイヤレスヘッドホン専用の音声読み上げアプリケーションです。スマートフォンによっては、一部の操作に対応できない場合があります。

【セット内容】
[画像2: (リンク ») ]


【予約販売詳細】
■予約方法: 通販サイトONKYO DIRECT 、ONKYO BASE店舗での予約販売
       通販サイト アニメイトオンラインショップでの予約販売
      ※アニメイトオンラインショップの商品はONKYO DIRECT、ONKYO BASEの商品と同価格、
       同特典となります。
■予約期間: 2019年7月12日(金)15:00から2019年8月30日(金)17:00まで
      ※予定台数に到達次第、予約受付終了といたします。
■製品発送: 2019年10月中旬から順次発送予定
■販売価格: ONKYO DIRECT、ONKYO BASE 7,500円(税込・送料込)
       アニメイトオンラインショップ  7,500円(税込・送料込)
■発売元 : オンキヨー株式会社
      ※販売期間については状況により、予告なく期間を変更する場合がございますので、
       予めご了承ください。

【SE-C4BTの詳細】
  (リンク »)

※Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標です。
※Google、Android は Google LLC の商標です。

当社グループでは、祖業であるスピーカー開発で培ってきた音に関する技術を用いて、デジタルライフ事業やOEM事業でのサブブランド戦略を強化、すでにホームAV機器の3倍以上の出荷台数を達成ししています。今後もあらゆる場面において高品位な“音”のソリューションの提供を続けるとともに、さらなるブランド向上を目指してまいります。
[画像3: (リンク ») ]


※グラフ内の台数はオンキヨーブランドと当社取扱ブランド製品を含んでおります。また、B2B(OEM)
 事業の台数につきましては当社取扱ブランドが付与されていないものは含まれておりません

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]