RTD(※1)市場の最盛期に「もぎたて」のラインアップ強化『アサヒもぎたて手摘み青梅』『アサヒもぎたて期間限定マスカットオブアレキサンドリア』8月6日(火)新発売!

アサヒビール株式会社 2019年07月11日

From PR TIMES



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、RTDカテゴリーの新商品として『アサヒもぎたて手摘み青梅』、『アサヒもぎたて期間限定マスカットオブアレキサンドリア』を8月6日(火)から全国で発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
[画像: (リンク ») ]

■『アサヒもぎたて手摘み青梅』
 『アサヒもぎたて手摘み青梅』は、一つ一つ丁寧に手摘みした青梅を、収穫後24時間以内に搾汁した果汁のみを使用した缶チューハイです。青梅の爽やかで甘酸っぱい味わいをお楽しみいただけます。本商品は、これまで期間限定商品として販売し、お客様にご好評いただいたフレーバーです。本年は、原材料や香味バランスの見直しを重ねることで、“鮮度にこだわった果実感”を追求しました。よりすっきり飲みやすく仕上げ、通年商品として発売します。
■『アサヒもぎたて期間限定マスカットオブアレキサンドリア』
 本商品は、“葡萄の女王”と称される高級品種「マスカットオブアレキサンドリア」の果汁を使用した缶チューハイです。「もぎたて」ブランドとして初めて発売します。収穫後24時間以内に搾汁し、上質な香りと爽やかでみずみずしい味わいをお楽しみいただけます。
 パッケージデザインは、缶体上部に“葡萄の女王”と表記し、正面に果実のイラストを大きくあしらいました。「マスカットオブアレキサンドリア」を使用した上質でみずみずしい味わいの缶チューハイであることを分かりやすく表現しています。

 「アサヒもぎたて」は、2016年4月の発売以来、“鮮度にこだわった果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様にご評価いただいています。独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※2)を採用することで、果実本来の香味成分の劣化を抑制し、“つくりたてのおいしさ”と“活きた果実の味わい”を実現しました。本年は、原材料だけでなく製造工程や容器の形状まで一貫した「鮮度マネジメント※(3)」を導入し、中味・パッケージをクオリティアップしました。RTD市場の最盛期となる夏に通年商品や期間限定商品を積極的に発売することで、RTD市場におけるプレゼンス向上を図ります。
(※2)香味劣化抑制技術と低温殺菌技術を掛け合わせた「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、より低い温度帯での低温殺菌を実現し、果実由来の味わいをより高める製法。
(※3)従来の「収穫後24時間以内に搾汁した果汁のみを使用」「劣化を抑制し、果実由来の香りを維持する超低温殺菌技術の活用」に加えて、「製造時間の短縮」「抗酸化効果の強化」「容器形状の変更」を行いました。これら5点の“鮮度”を徹底的に追求する一連の取り組みを指します。

容量:缶350ml、缶500ml
アルコール分:7%
希望小売価格:缶350ml/141円(消費税抜)、缶500ml/191円(消費税抜)
※商品情報: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]