ジュンク堂書店 南船橋店で「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」を開催

株式会社丸善ジュンク堂書店 2019年07月11日

From PR TIMES

書店に泊まって○○してみる企画の第3弾が7/20~7/21に南船橋店にて開催されます。

株式会社丸善ジュンク堂書店(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中川清貴)は、2019年7月20日(土)の閉店後から7月21日(日)の開店前までの時間を使って、ジュンク堂書店 南船橋店(千葉県船橋市)にて「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」イベントを開催いたします。
この企画は「ジュンク堂に住んでみる」「ジュンク堂でコスプレしてみる」に続く、丸善ジュンク堂書店の大人気イベント「書店に泊まって○○してみる」シリーズの第3弾として、書店の魅力をより広く伝えるためのイベントとして行うものです。今回のイベントの運営経験を活かして、一般のミニ四駆ファンにも楽しんでいただける企画も今後検討する予定です。
※ミニ四駆は株式会社タミヤの登録商標です



開催概要
日時:2019年7月20日(土)21:00~7月21日(日)5:00
会場:ジュンク堂書店 南船橋店(千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋1階)
競技種目:「コンクールデレガンス」「レース」2種目の合計得点で順位を決定します
1. コンクールデレガンス:「本」をテーマにマシンを製作し、その見た目やアイデアを競います
2. レース:店舗中央を貫く50m近いストレートを活かした特設コースで予選・決勝のリーグ戦を行います

参加者 (本イベントは一般の方の入場はできません) :
Twitter上でミニ四駆を通じて交流している企業公式アカウント担当者など15名。
特別ゲスト:千葉ジェッツふなばし などで活躍した、元プロバスケットボール選手の伊藤俊亮さん
[画像1: (リンク ») ]


本イベントの狙い
スマートフォンなどの登場で人々の「本を読む時間」が少なくなっており、また電子書籍やネット通販の利用が拡大することで人々が「書店に行く機会」も少なくなっているというのが今の出版業界を取り巻く状況です。つまり、人々が日常生活において「本」や「書店」に接する機会が少なくなっていると言えます。
丸善ジュンク堂書店では「ジュンク堂に住んでみる」や「ジュンク堂でコスプレしてみる」など、書店というリアルな「場」を活用したイベントを通じて、本や書店に接する機会を増やし、「本を読む」「書店に行く」というきっかけになってほしいと考えています。
今回、ミニ四駆を題材に選んだのは「レース開催場所としてのニーズを感じた」「Twitter上でのミニ四駆ファンの盛り上がりやこだわりなどが、強い発信力となって書店の魅力を伝えることができそう」という理由からです。

予定スケジュール 
7月20日(土)
21:00~ 閉店、会場準備
22:30~ 報道関係者様受付開始
23:00~ コンクールデレガンス
7月21日(日)
1:00~ レース
3:30~ 表彰式
4:00~ 会場撤収
5:00~ 終了・解散
※都合により変更される可能性があります

本イベントに参加/協力していただけるTwitterアカウント
イベント当日は、参加アカウントから #ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる という ハッシュタグを添えて、現地の様子が随時ツイートされますので、イベントに参加できない方もTwitter上で会場の雰囲気を感じていただくことができます。

コンクールデレガンス/レース参加アカウント:
株式会社ネクソン(マビノギ) @mabinogi_nexon
エスフーズ株式会社(こてっちゃん) @kotetchan1982
コジマ×ビックカメラ柏店 @kxb_kashiwa
株式会社ドリパル @manager_board
インクロム株式会社 @incromP2
株式会社菊和製作所 @kikuwa_eteruno
共立電器産業株式会社 @Salir_Air
ファイブゲート株式会社 @fivegate_jp
CQ出版株式会社 @CQ_connect
株式会社ジェイ・キャスト(J-CASTトレンド) @jcast_trend
株式会社フューチャーリンクネットワーク(地域情報サイトまいぷれ千葉)@mypl_chiba
日本ギガバイト株式会社 @AORUS_JP
ミニ四駆処きんぎょ @mini4_kingyo HYPER DASH基地 @hyperdashkichi
元プロバスケットボール選手 伊藤俊亮 @e_ton34

コース設計/コース提供: 株式会社タミヤ @mini4wd
協賛/電池提供: 富士通電池(FDK株式会社) @_FujitsuBattery

レースに使用する電池について
本イベントの「レース」には、FDK株式会社から富士通アルカリ乾電池、充電池が提供されます。充電池は会場に充電器「イージーチャージャー」を設置し、常時充電できるようにしています。
[画像2: (リンク ») ]

コースについて
本イベントのレースに使用する「ジュンク堂書店 南船橋サーキット」は、株式会社タミヤ様にコースの設計を依頼しました。コースを設計した株式会社タミヤのご担当者からは、
「書店に設置するミニ四駆サーキットという前代未聞のオファーを頂き、店内スペースを活かしたロングストレートと対照的にワインディングする連続コーナーを設置しました。ただしコースアウトしてマシンが書棚を傷つけてしまわないように(笑)、ジャンプは控えめに全般的にフラットなレイアウトにしています。」
というコメントを頂いております。
イベント当日は、このコース設計に基づいた、店内の中央を走る50メートル近い通路を活かしたインパクト大の「超ロングストレートコース」が登場する予定です。ジュンク堂書店らしい特徴的な書棚のすぐ横をマシンが猛スピードで疾走する様子は、他のミニ四駆レースではなかなか見ることのできない迫力あるものとなるでしょう。

ジュンク堂書店 南船橋サーキット コースイメージ(全長 約300メートル)

[画像3: (リンク ») ]

*実際の縮尺では以下のようになります

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]