【サーバー価格改定のお知らせ】デル テクノロジーズ、x86サーバーの国内価格を10%引き下げ

デル株式会社 2019年07月12日

From PR TIMES

企業ITのモダナイゼーションを後押し

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL: (リンク ») )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: (リンク ») ):(以下、デル テクノロジーズ)は、本日より、x86サーバー「Dell EMC PowerEdge(パワーエッジ)」の全機種と関連コンポーネントを対象に、10%の価格改定を実施します。

「PowerEdge」サーバーは、幅広い業種で多くの導入実績があり、7四半期連続で出荷金額・出荷台数の世界シェアNo.1を獲得(*1)しています。日本でも、2018年度(2019年2月1日締)の売上高は前年比39%の成長を達成するなど、着実にお客様の支持をいただいています。

今年10月に予定されている消費増税、2020年1月の「Windows Server 2008 /2008 R2」延長サポート終了、今後開催予定の数々の国際的イベントなどを契機に、企業ITのシステム更改・増強のニーズは高まります。

デル テクノロジーズは、最新サーバーによるアプリケーション パフォーマンスの最大化と、セキュリティーの強化を、より優れた投資効率でお客様に実現していただくため今回の価格改定を行います。第 2 世代インテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーを搭載した最新モデル、GPUやFPGAなどのアクセラレーター、NVMe SSDやサーバークラスメモリなどの最新コンポーネントまで、価格改定の対象とします。

価格改定の概要
■対象:「Dell EMC PowerEdge」 サーバー全機種( (リンク ») )およびサーバー関連コンポーネント(*2)
■価格改定率:10%の標準価格引き下げ
■新価格適用開始日:2019年7月12日

*1 出典: IDC Quarterly Server Tracker, 2019Q1 – Share by Company, Product Category: x86
※ IDCでは世界サーバー市場におけるベンダー出荷実績シェアの差が1%未満の場合、ベンダーランキングではタイ(同位)として扱います。
*2 サーバー本体とDell EMC工場でサーバーへ組込むハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントが対象。

# # #
■デル テクノロジーズについて
デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。 同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。 デル テクノロジーズ ファミリーには、Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、Secureworks、Virtustream、およびVMwareが含まれます。
(リンク »)

# # #
(C) Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]