ゴールドの9号機、岩手県とのネーミングライツ契約を継続

株式会社フジドリームエアラインズ 2019年07月12日

From PR TIMES

株式会社フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:三輪 徳泰)は、9号機のネーミングライツ契約を岩手県が継続することに同意し、2019年度においても「黄金の國、いわて。」号と命名されたゴールドの9号機を運航しております。




[画像1: (リンク ») ]

 
 これまで岩手県とのネーミングライツでは、「黄金の國、いわて。」をキャッチフレーズに様々な情報発信を行ってきましたが、4年目となる今年も機体へのマーキング継続に加え、機内ヘッドレストカバーや機内誌に『三陸防災復興プロジェクト2019』、『ラグビーワールドカップ2019 TM』、『KOUGEI EXPO IN IWATE』の広告を掲出し、岩手県内で開催される主要イベントのPRを行ってまいります。

FDAでは今後とも岩手県と連携して、『名古屋(小牧)=花巻』線の利用促進に努めてまいります。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



                                                 以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]