株式会社名古屋グランパスエイトとパートナー契約を締結

中部国際空港株式会社 2019年07月12日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:犬塚力)は、2019年7月12日に、株式会社名古屋グランパスエイトとの間でパートナー契約の締結に合意しました。

 中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)は地域のプロスポーツチームを応援しており、名古屋グランパスエイトの国内外遠征時の利用や新入団選手の記者発表、空港内装飾など様々な形で空港を活用した応援を行っていました。今回のパートナー契約により、これまでの連携をさらに持続的に発展させ、オフィシャルパートナーとして、名古屋グランパスとシーズンを共に闘っていくとしています。
[画像2: (リンク ») ]

 今回の締結を受け、中部国際空港株式会社代表取締役社長の犬塚力は「中部地域の玄関口である中部国際空港が、地域に愛されるチームのパートナーとなることを喜ばしく思います。地域に愛され、活用いただける空港となるべく、「夢と笑顔」を忘れずに名古屋グランパスとともにさらなる高みを目指してまいります。」とコメントしました。


[画像3: (リンク ») ]

 なお、7月20日から始まる「鯱の大祭典」に先駆けて、セントレアでは、7月12日から空港内出発ロビーのチェックインカウンター上部に設置している忍者がユニフォームを着用します。また今後、国内各地から名古屋にお越しいただく皆様をお出迎えすべく、名古屋グランパスによる電照看板が国内線到着手荷物受取所に掲出されるなど、空港内で様々な情報発信を計画しています。

[画像4: (リンク ») ]




パートナー契約の概要

 空港内でのチームPRをはじめ、試合会場では、デジタルサイネージでのセントレア紹介動画の放映や、日帰りヒコーキプロジェクトを紹介するうちわの配布なども予定しています。

1.忍者装飾(7月12日から9月中旬まで)
旅客ターミナルビル3階チェックインカウンター上部の忍者がユニフォームを着用します
[画像5: (リンク ») ]


2.電照看板の設置(7月下旬以降)


旅客ターミナルビル2階 国内線到着手荷物受取所に高さ1360mm、幅3860mmの電照看板が設置されます。

[画像6: (リンク ») ]



3.スタジアムにおけるセントレア紹介

[画像7: (リンク ») ]

豊田スタジアムのデジタルサイネージにおいてセントレアの紹介動画を放映。
また、8月10日(土)の豊田スタジアム、24日(土)ならびに30日(金)にパロマ瑞穂スタジアムで開催されるホームゲームにおいて、スタジアムにご来場の皆様へ、当社が取り組む「日帰りヒコーキプロジェクト」の紹介を入れたうちわ計600枚を配布。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]