“皇帝の魚=チョウザメ”と“えりも短角牛のタルタル”を楽しむ 北海道・日高の涼やかな夏を感じる新コース 『ナチュラルリゾート・ハイジア』

有限会社S.R.K. 2019年07月13日

From PR TIMES

避暑地日高で味わう 夏ならではの彩色豊かなフレンチフルコース

有限会社S.R.K.(本社:北海道日高郡、代表取締役:武原 真一)が運営する『ナチュラルリゾート・ハイジア』は、2019年7月より、北海道の夏の高級食材をふんだんに取り入れたコースの提供を開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]

北海道・日高の夏は、最高気温25℃程度と過ごしやすいのが特徴で、避暑地として親しまれています。
ホテル併設のレストラン“オーベルジュ”である『ナチュラルリゾート・ハイジア』は、北海道の涼やかな夏にふさわしい、シンプルな味わいの中に素材本来の旨味を堪能できる夏季限定コースをご用意いたしました。目に見える夏らしさに加えて、フレンチの醍醐味であるソースにも、隠された夏を感じることができます。メインディッシュに偏らず、前菜からスープやグラニテに至るまで一つ一つ丁寧に仕上げられた品々をご堪能ください。

宿泊のお客様はもちろん、お食事のみのご利用も大歓迎ですので、記念日やお祝いなど、大切な方との特別なお食事にぜひご利用ください。
[画像2: (リンク ») ]

メインディッシュは、食品衛生法(※)に基づいた低温調理の「襟裳産 えりも短角牛のタルタル」。一見生と見間違うほど赤身が美しいタルタルは、1人前100gのために、約2倍の肉をトリミングしてつくられる贅沢な一品です。しつこくなく、程よい脂の赤身肉は、噛めば噛むほど旨味が増します。ご希望の方は、メインを日高の夏山で獲れた「子羊の塩釜焼き」にご変更が可能です。

※ 密封された肉塊の表面から1cm以上の部分までを60℃で、2分間以上加熱する

さらに、古代ローマ時代には“ロイヤルフィッシュ”と呼ばれ、中国でも古くより“皇帝の魚”として皇帝への献上品として重宝された「チョウザメ」を、当レストランのために養殖しています。そのため、新鮮だからこそできる「カルパッチョ」や「ベニエ」がお召し上がりいただけます。

素材自体の希少性はもちろん、複数のソースが織りなす繊細なフレンチの数々を、北海道・日高の地で楽しみください。
[画像3: (リンク ») ]



【ディナーコース】
◇ グランデ ~夏の物語~ 全11品 15,000円(税抜)
《食前酒 アペリティフ》
女神・ハイジアに捧げた食前酒 有機アイコの蔵入り リキュール
《アミューズ グール》
波打ち際の岩牡蠣
キャビアを添えて自家菜園の夏野菜ジュレとともに
《前菜 オルドゥーヴル》
夏、涼やかな日高のカルパッチョ
・チョウザメのカルパッチョ・最高級羊の生ハムと採れたてメロンとの組合せの妙・北海縞海老と空豆のフリット・サマートリュフバターのブルスケッタ
《パン》
自家焼ハーブフォカッチャと自家製カッテージチーズ
《スープ》
海辺の冷製ポタージュ 蝦夷鮑と白インゲンとのアンサンブル
《魚料理1 ポワソン》
夏彩色のローブを身に纏った、ロイヤルフィッシュのベニエ
《魚料理2 ポワソン》
涼やかな牡丹海老のミ・キュイ 芳醇な香りに包まれて
《グラニテ》
敷地で採れた蜂蜜とミョウガ
《肉料理 ヴィヤンドゥ》
涼やかな日高の夏山 夏野菜たちが祝す えりも短角牛のタルタル
または、
日高の夏山にやってきた仔羊 熊笹に包んだ仔羊の塩釜焼き
《デセール》
大自然からの贈り物 花々に彩られたヌガー・グラッセ 赤い果実をあしらえて
《カフェ・プティフール》
コーヒーもしくはティ ・ 日高昆布を纏った一口ショコラ

◇ ラグジュアリー ~夏編~ 全8品 10,000円(税抜)

[画像4: (リンク ») ]


【ランチコース】
ランチタイムは、リーズナブルに本格イタリアンコースをお召し上がりいただけます。
最寄り駅までお迎えサービスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
[画像5: (リンク ») ]

◇ グレイス 全6品          5,000円(税抜)
◇ グレイス ライト 全6品      3,500円(税抜)


~  オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジア ~

■ オーベルジュとは
オーベルジュとは、フランスを発祥とする「その食材の地元へ足を運び、レストランに併設している客室に泊まる」という“食を目的とした旅行”のための“ホテルが併設された郊外・地方型レストラン”のことを指します。『ナチュラルリゾート・ハイジア』は、日本オーベルジュ協会が認定する全国に38しかないオーベルジュの一つです。

■ ハイジアの贅沢
ギリシャ神話に登場する美と健康を司る女神 「HYGEIA」から名づけられた『ナチュラルリゾート・ハイジア』。レストランでは、北海道で生産された野菜・肉・魚介類をはじめとして、牛乳、はちみつなど、生産者が見える新鮮な食材を使ったお料理をご提供しています。
[画像6: (リンク ») ]

<地の食材一例>
・襟裳の高橋ファーム生産のエリモ短角牛
・新冠のエゾシカセンター 食美楽提供のシカ肉
・日高地域の静内・襟裳・春立などの各漁港で水揚げされた魚介類
・新冠の鈴の鳴る道で生産されるホロシリ牛乳
・ハイジア敷地内の自社菜園で栽培されるアイコトマトや野菜
・新ひだか町の太田養蜂場と提携し、ハイジア敷地内で採取するはちみつ


地元を知り尽くしたシェフが、季節毎に最高の状態の地の食材用い、素材そのものの良さを極限まで引き出します。人工的な調味料や保存料などは一切使用していない、素材本来の味を生かした調理法で作られた品々は、体が喜んでいるのを感じるという感想を持たれる方もいらっしゃるほどです。いままでに味わったことのないような食材同士の組み合わせによって、新鮮な驚きを感じていただけると自負しております。

[画像7: (リンク ») ]


■ “記憶に残る食体験”をハイジアで
昨今、保存技術や輸送技術の進歩によって、遠く離れた土地の食材でも簡単に手に入る時代となっています。だからこそ、地の食材の一つ一つこだわり、愛情を込めて完成させるお料理を『ナチュラルリゾート・ハイジア』では大切にしております。
当レストランは、季節の移り変わりと共にがらりと表情を変え、何度ご来店いただいても新しい感動が生まれるお食事を体現しております。次回はどのようなお料理になるのか、期待しながらお待ちいただければと思います。
赴いた人だけが味わえる、手間以上の“記憶に残る食体験”をどうぞお楽しみください。
[画像8: (リンク ») ]


併設されたホテルでは、プライベートスパや専属のセラピストが施すトリートメントなどもお楽しみいただけます。北海道の雄大な自然の中で日常の喧騒を忘れ、最高の食事とリラクゼーションをお楽しみください。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]


四季の移り変わりを感じながら、混じり気のない透明な山の空気、太平洋の波音、季節の花々や力漲る樹々たち...。かけがえのない自然と私たちスタッフ一同がお待ちしています。
[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]


<レストラン概要>
店舗名  : ナチュラルリゾート・ハイジア
URL   :  (リンク »)
所在地  : 北海道日高郡新ひだか町静内東別383-59
電話番号 : 0146-48-2800
営業時間 : ランチ 11:30~14:00、ディナー 18:00~21:00
定休日  : 不定休
席数   : 30席

<会社概要>
会社名  : 有限会社S.R.K.
所在地  : 北海道日高郡新ひだか町静内東別 383-59
電話番号 : 0146-48-2800
代表者  : 武原 真一
事業内容 : レストラン・ホテルの経営
設立   : 2000年11月10日
URL   :  (リンク »)

<プレスリリースの問い合わせ> 担当 村上 電話 0146-48-2800 Email t.murakami@hygeia-hotel.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]