フィリピン 南北通勤鉄道向け鉄道車両104両受注について

住友商事株式会社 2019年07月16日

From PR TIMES

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)および株式会社総合車両製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:西山隆雄、以下「J-TREC」)は、フィリピン共和国運輸省(以下「DOTr」)から南北通勤鉄道事業フェーズ1(マニラ市ツツバン~ブラカン州マロロス区間)の車両納入パッケージCP03(南北通勤鉄道向け鉄道車両104両納入プロジェクト、以下「本プロジェクト」)を受注し、本日7月16日に契約調印しました。



フィリピンは近年、経済成長率6~7パーセントで推移しており、ASEAN諸国の中でも高い経済成長を誇ります。人口は1億人を超え(世界第12位)、中でもマニラ首都圏の人口急増は著しく人口集中による交通渋滞は深刻です。人々の移動や貨物物流への影響など、交通渋滞による年間の社会的損失は約2.4兆円といわれています。

本プロジェクトは、国際協力機構とフィリピンとの有償資金協力に基づき計画された日本国政府開発援助事業です。マニラ首都圏と周辺都市を南北に結ぶ「南北通勤鉄道計画」のうち、マニラ市ツツバンと北方のブラカン州マロロス区間(約38キロメートル)を走る鉄道車両104両(8両×13編成)を設計、製造し、DOTrに納入します。マニラ首都圏の交通ネットワーク強化を実現し、交通渋滞の緩和に寄与するプロジェクトです。契約金額は約250億円で、2023年2月に全車両を引き渡す予定です。

住友商事は、これまでに国内外で積極的に鉄道関連ビジネスを展開しており、東南アジア、米国、東アジアを中心に数多くの鉄道建設案件、車両輸出案件を手掛けてきました。住友商事は、豊富な経験を生かして本プロジェクトの着実かつスムーズな契約履行を推進していきます。

J-TRECは、ステンレス車両製造のパイオニアとして長年培ってきた技術・ノウハウを結集した次世代ステンレス車両ブランドである「sustina ※」を国内外で積極的に展開し、納入してきました。本プロジェクトにおいても、「sustina」を提供することで、フィリピンの交通渋滞の緩和や地域の発展に寄与していきます。

※「sustina」: 省エネルギー性、安全性、保守性を向上させた、J-TRECが設計・製造する次世代ステンレス車両のブランド名。


<参考資料>
■本プロジェクト概要
案件名 : フィリピン南北通勤鉄道事業フェーズ1 CP03 (マニラ市ツツバン~ブラカン州マロロス区間)
顧客 : フィリピン共和国運輸省
契約内容 : 鉄道車両104両(8両×13編成)の設計、製造、試験、製品保証(Warranty対応)、予備品・特殊工具納品、運転シミュレーター納入、従業員トレーニング等
全体工期 : 42カ月


■路線図
[画像1: (リンク ») ]



■完成予想図
[画像2: (リンク ») ]



■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」「快適で心躍る暮らしの基礎づくり」および「多様なアクセスの構築」に資する事業です。
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

住友商事株式会社の関連情報

住友商事株式会社

住友商事株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]