adidas by Stella McCartney サステナブルなスポーツの未来のために。アパレル新テクノロジーを実証したプロトタイプを発表

アディダス ジャパン株式会社 2019年07月16日

From PR TIMES

Evrnu社とBolt Threads社とのパートナーシップによる新たなクリエイティビティで環境問題に取り組む



[画像: (リンク ») ]

 アディダスは、2019年7月5日(金)、adidas by Stella McCartneyのコレクションより、衣類廃棄による環境破壊の問題解決に向けた2つの最新プロダクトを発表いたしました。

このたび、廃棄された衣類をリサイクルしてうまれた素材NuCycl™繊維から作られた100%リサイクル可能なフ-ディーと、Microsilk™とセルロース配合繊維を原材料とするテニスドレスのプロトタイプを開発しました。この発表は、アディダスが掲げる、環境へのインパクトを極限まで失くしていくという長期的なコミットメントへのステップとなります。

 世界全体の衣類・繊維製品の廃棄物は、年間で約9200万トンに及ぶと推定されています。
adidas by Stella McCartneyは、この問題解決に努めるべく、アディダスが掲げる“オープンソース”ストラテジーに基づき、提携企業として繊維技術企業であるEvrnu社及びBolt Threads社と共にプロトタイプを開発し、より持続可能な衣類の開発を実現しました。

■adidas by Stella McCartney Infiniteフ-ディー
ユニセックスモデルのadidas by Stella McCartney Infinite フ―ディーは、高機能繊維技術企業Evrnuとの連携により開発されました。本製品は、アパレルのリサイクル・再利用が着実に現実になりつつあることを実証しています。原材料には、Evrnuが開発したNuCycl™繊維60%、オーガニックコットン40%で作られています。原材料は何度でも再利用可能で、さらに高い機能性を持つ製品として生まれ変わります。

■adidas by Stella McCartney Biofabricテニスドレス
持続可能なバイオエンジニア素材・繊維の開発に取り組むBolt Threadsとの連携により生まれたプロトタイプです。水、砂糖、イースト菌などの再生可能な材料を原料とする生物分解が可能なタンパク質を主体とする新素材Microsilk™に、セルロース配合繊維を織り込んだ全く新しい素材のテニスウェアです。

これらの製品は、アスリートのための機能性と地球への配慮を両立させるという、シンプルな発想に基づき生まれました。その実現に向け、アディダスは以下の3つの分野に重点を置き廃棄物の削減に取り組んでいます。

Made with Repurposed Plastic(再利用プラスチック原料の使用)
アディダスが今日まで取り組んでいる最大のチャレンジの一つである、使い捨てプラスチックへの依存および製品生産に伴うCO2排出量の削減という課題。2015年に発売されたパーレイ・フォー・ジ・オーシャンズとのコラボシューズは、海から回収されたプラスチック廃棄物や深海の違法刺し網を原材料とする本分野初の取り組みです。試作品の発売から4年、本格流通に向けサプライチェーンも整備され、パーレイ・オーシャン・プラスチックTM製シューズ1100万足が年内に製造される予定です。目標は、2024年までに製品に使用する素材をすべてリサイクルポリエステルに移行することです。

Made to be Remade(再生を踏まえた生産)
製品が海岸や埋立地に廃棄されないよう、循環型のループを整備するセカンドステップです。原材料を何度でも再生して利用できるクローズドシステムでは、原材料が分解された後、ペットボトルやエコバッグなどではなく機能性に優れたスポーツウェアとして新たに生まれ変わります。本システムは、今年初めに発売された100%リサイクルが可能な機能性ランニングシューズFUTURECRAFT.LOOPや、この度発表したadidas by Stella McCartney Infiniteフ-ディーなどで導入されています。

Made to Biodegrade(生物分解を踏まえた生産)
製品が生物分解し、エコシステムへの回帰を実現する生物学的ループを整備する、将来を見据えた取り組みです。adidas by Stella McCartney Biofabricテニスドレスのように、アディダスでは天然資源や細胞・タンパク質に由来する素材を使用した製品開発の可能性を実証し、そして最終的に自然に回帰できる製品開発の未来をより色濃く描いています。

【ジェームズ・カーンズ アディダス グローバルブランド戦略本部長のメッセージ】
「廃棄物削減に向け、当社はまずアップサイクルされたプラスチック廃棄物を用いた製品の開発に取り組みました。次なる挑戦は、「ゴミ」という概念の排除です。3つの主要分野に的を絞り、完全にリサイクルまたは生分解できる製品の開発を目指していきます。しかし、わからないこと、単独ではできないことも多くあります。EvrnuやBolt Threadsなどの共通のビジョンを持つパートナーと連携することで、アディダスのスポーツ用品分野の専門知識とリサイクル・生分解分野の専門知識が融合し、ゼロ廃棄物社会を実現できるのです。」

【ステラ・マッカートニーからのメッセージ】
「ファッションは、環境への害が最も大きい産業の一つです。解決策や代替策の模索にこれ以上時間を費やす余裕はありません。衣類・繊維製品の廃棄問題の解決に向けた真に開かれた取り組みを整備することで、業界全体による持続可能な事業運営の実現に貢献できるのです。adidas by Stella McCartneyは、高い機能性と未来の地球への配慮を両立する製品を作り出しています。」

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]