編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ポルノグラフィティ20周年を記念する「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」に、音と映像でこれまでの軌跡を盛り上げる、インタラクティブコンテンツを提供

ソニービジネスソリューション株式会社

From: PR TIMES

2019-07-19 15:40

~展示全体の企画演出に協力、“聴く年表”や“デジタル寄せ書き”で新たな体験を創出~

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下、ソニービジネスソリューション)は、2019年8月30日(金)から9月9日(月)にかけて「PARCO MUSEUM(パルコミュージアム)」(東京都豊島区)で開催される、ポルノグラフィティのメジャーデビュー20周年を記念する「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」の企画演出に協力し、ソニーの技術を生かしたインタラクティブコンテンツを提供します。



[画像1: (リンク ») ]

プレスリリースページ
(リンク »)

今回、ソニービジネスソリューションでは、展覧会全体の企画演出に協力するとともに、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ)およびソニーPCL株式会社(以下、ソニーPCL)、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)の技術協力により、通路を歩くとこれまでのポルノグラフィティの楽曲などが連動して流れる“聴く年表廊下”と、来場者がタッチスクリーンに描いた手書きのメッセージやイラストが大型スクリーンに投影される“デジタル寄せ書き”を提供します。

1.聴く年表廊下について
これまでのライブ写真や未公開の貴重な品々と共にポルノグラフィティの歴史を年表で展示した廊下を歩くと、それに合わせて楽曲や本人からのメッセージが流れます。廊下全体に同じ楽曲が流れるのではなく、年表の位置ごとに流れる楽曲を変えることで、来場者は、目と耳でポルノグラフィティのこれまでの軌跡を体感することができます。
本コンテンツは、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズが開発した空間音響技術「Sonic Surf VR(ソニックサーフブイアール)」(以下、SSVR)を活用し、ソニーPCLがコンテンツを制作しています。SSVRは、マルチチャンネルスピーカーと専用ソフトを組み合わせることで、空間の中に自由に音源を配置することができます。ひとつの空間である年表廊下内を複数の音空間に区切ることで、音同士を干渉させることなく、場所ごとに違う楽曲を流すことを可能にしています。
[画像2: (リンク ») ]

2.デジタル寄せ書きについて
会場内の壁面に投影された映像がデジタルタッチスクリーンとなり、来場者は手書きのメッセージやイラストを描くことができます。描かれた内容はリアルタイムで大型スクリーンに投影され、スクリーンが巨大なデジタル寄せ書きになります。スクリーンをバックに写真撮影を行い、SNSに共有することもできます。
なお、本コンテンツはソニーモバイルのスマートプロダクト「Xperia Touch(エクスペリア タッチ)」の機能である「Message Board(メッセージボード)」を活用しています。Xperia Touchは、従来のプロジェクターと異なり、さまざまな場所に投影したスクリーン自体をタッチで操作できる、新しいコミュニケーションを提案するスマートプロダクトです。
[画像3: (リンク ») ]

〇「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」概要

[画像4: (リンク ») ]

・会期:2019年8月30日(金)~9月9日(月)
・会場:PARCO MUSEUM(池袋パルコ 本館7F) 東京都豊島区南池袋1-28-2
・営業時間 :10:00~21:00
 ※入場は閉場の30分前まで。
 ※初日(8月30日)は13:00開場、最終日(9月9日)は18:00閉場
・入場料:1,000円
 ※未就学児無料(ただし、未就学児のみでの入場不可)
・主催 :株式会社パルコ
・企画制作 :株式会社アミューズ/株式会社MOGURA ENTERTAINMENT
・企画演出協力 :ソニービジネスソリューション株式会社
・公式ページ : (リンク »)

■関連リンク:
Message Board Powered by Xperia Touchサイト
(リンク »)

【本件に対するお客さまからのお問い合わせ先】
ソニービジネスソリューション株式会社 業務用商品購入相談窓口
0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]