西川貴教の新たな挑戦!本名名義初の全国ツアーを敢行。『SINGularity』に秘められた斬新な演出とストーリー性のある展開でファンを魅了した最終公演がいよいよ7/28(日)にWOWOWで独占放送!

株式会社WOWOW 2019年07月20日

From PR TIMES

西川貴教 Takanori Nishikawa LIVE TOUR 001 [SINGularity] 7月28日(日)午後5:00 WOWOWライブ

(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

 T.M.Revolution名義で多くのヒット曲を生み出してきたアーティスト、西川貴教。故郷である滋賀で県初の大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を10年にわたって主催するなど、いろんなことに挑戦し続けている。そんな西川の新たなチャレンジとなったのが本名の西川貴教名義での音楽活動だった。2018年3月に本格的にスタートさせ、今年の3月にはアルバム『SINGularity』をリリース。そして4月から初の全国ツアー「Takanori Nishikawa LIVE TOUR 001[SINGularity]」をスタートさせ、6月20日に追加公演となる東京・Zepp Tokyoでファイナルを迎えた。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

 ステージ上のカウンターが開演時刻までの時間を表示しており、始まる前から客席の熱気はどんどん上昇していた。バンドメンバーたちが登場し、カウンターの数字がゼロになるとステージ中央から西川が登場。「Roll The Dice」を力強い歌声で聴かせ、「Bright Burning Shout」で「いけるはずやろ、東京!!」と煽り、さらに会場を熱くさせた。
[画像4: (リンク ») ]

 「今回は西川貴教、初めてのツアー。一生の中でそんなにあるはずないのに、何度か経験しているような気がする。でも正真正銘、西川貴教としての生まれて初めてのツアー。俺たちのライブへようこそ!」と挨拶。そして、ステージ後方のビジョンについて「このLED、ただのLEDじゃないんです。AI(人工知能)なんです」と説明。今回のツアーはアルバムと同じく「SINGularity」というタイトルが付けられており、これは「技術的特異点(人工知能が人類の知性を超える時点)」という意味だが、このライブでは学習機能付きの架空のAIである“F.L.E.I.(フレイ)”が人間の心を理解する努力をし、共存を目指すというストーリーが秘められている。F.L.E.I.との会話、そして美しい映像も今回のライブの大きな特徴であり、魅力でもある。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

 「Hear Me」では大合唱となり、「REBRAIN In Your Head」ではオーディエンスが手拍子で盛り上げる。そしてゲストボーカルとして参加したSawanoHiroyuki[nZk]の楽曲「NOISEofRAIN」も披露。“共存”を目指していたF.L.E.I.だったが、「Be Affected」「His/Story」と曲が進んでいくにつれて、友好的なムードは一転、F.L.E.Iは「共存はできそうもないわね」と人の魂は不明瞭で不安定だと突き放す。シリアスなムードになるが前向きな気持ちで「HERO」「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」を歌い、物語は一つのエピローグを迎えた。

[画像7: (リンク ») ]

 しかし、「夢を持てとは決して言わない。その代わり、オレがお前の夢になってやる。西川貴教、オレがSINGularityだ!」と宣言し、「Roll The Dice」を先ほどとはまったく違うアレンジで歌唱。「さぁ、ここからは未開の地。いけるか、東京! ありえないことを起こそう! この瞬間、日本で一番でっけえクラブ作るぞ!」と呼びかけ、「His/Story」「REBRAIN In Your Head」「Hear Me」「HERO」「Elegy of Prisoner」「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」も1回目とは異なるアプローチで畳み掛け、西川の宣言どおりZepp Tokyoは巨大なクラブと化し、最高のグルーヴに包まれた。そして最後は「BIRI x BIRI」で締めくくった。

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

 ストーリー仕立てのセットリスト、それとリンクした美しい映像とライティング、全てが最先端。それを生かしているのは、挑戦し続ける西川貴教の熱い思いだということをこのライブで改めて確認することができた。「もう一度、一からのスタートになりますが、他のアーティストではできない苦労です。他のアーティストのファンやってたら味わうことのできない苦労です。ただ、お前らが大好きです!」というメッセージに会場が一体になり、西川貴教はファンの人たちと一緒に次に向けて走り出した。

 この公演の模様を7月28日(日)午後5時からWOWOWで放送される。西川貴教名義初の全国ツアーの興奮と熱狂をぜひ体感してもらいたい。
[画像10: (リンク ») ]

Photo by CHIE KATO (CAPS)

【番組情報】
西川貴教 Takanori Nishikawa LIVE TOUR 001 [SINGularity]
7月28日(日)午後5:00 WOWOWライブ

【番組サイト】
(リンク »)

【番組見どころコメント動画公開】
[動画: (リンク ») ]



【注目ポイントコメント動画配信中】
オフィシャルTwitter(WOWOW MUSIC)をチェック
(リンク »)

【ネット同時配信】
全番組、スマホやタブレットなどでも視聴できるネット同時配信あり!
詳細はWOWOW メンバーズオンデマンドをチェック
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]