編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

大量の動画制作が可能なフラッグシップオーケストラ社と業務提携

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

From: PR TIMES

2019-07-23 15:40

~パーソナライズド動画エンジンとも連携し、顧客の個別ニーズに合わせた「業界特化型One to One動画マーケティングサービス」提供が可能に~

『世界中の“好き”を加速する』をビジョンに掲げ、企業やブランドのファン育成や活性化を手がけるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田怜史 東証マザーズ上場:証券コード6573 以下AMN)は、動画の制作プラットフォーム「ムビラボ」を運営する株式会社フラッグシップオーケストラ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大澤穂高 以下FSO)と業務提携しました。

これにより、AMNの子会社である株式会社クリエ・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南野智近)が提供するパーソナライズド動画ソリューション「PRISM(プリズム)とも連携し、顧客/ファンの個別ニーズに合わせた「One to One動画マーケティングサービス」の提供が可能となりました。



[画像1: (リンク ») ]

近年、ビッグデータの活用が普及し、顧客の属性データのみならずウェブの閲覧や購買といった行動データを元に顧客1人ひとりに最適なアプローチを行う「One to Oneマーケティング」が様々な業界で取り組まれています。
その一方で、第5世代通信技術(5G)の本格普及が始まる2020年より、動画を活用したコミュニケーションの増加が予測されており、AMNでは1人ひとりに最適化された動画コミュニケーションを実現するため、視聴者に個別最適化されたパーソナライズド動画の自動生成サービスを提供する株式会社クリエ・ジャパンを子会社化しました。
そしてこの度、パーソナライズド動画エンジンを基盤にOne to One動画マーケティングサービスの提供を可能とするために、月間1,000本を超える動画コンテンツの制作実績と分析データを保有するFSO社と業界や商品に特化したパーソナライズド動画のパターン開発におけるパートナーとして業務提携するに至りました。
[画像2: (リンク ») ]

AMNが保有するファンによるSNSのクチコミデータを元に、顧客企業が抱える課題やビジネス指標を解決するための動画コンテンツを動画マーケティングの知見をもつFSOが制作します。更にクリエ・ジャパンが持つパーソナライズド動画生成の特許技術を活かし、業界や商品利用者の特性に合わせて1人ひとりに最適化された動画コミュニケーションの実現が可能となります。

[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]



[画像7: (リンク ») ]

FSO社との業務提携により以下の事業展開を予定しています。


1.パーソナライズド動画を活用した成功パターンの開発
・成約や解約防止を目的とした業界特化型動画ソリューションの開発
・クチコミを活用した動画コンテンツ視聴による成約や解約防止の検証

2.流通小売向け動画マーケティングの商品開発
・リアル店舗におけるクチコミを活用した動画による購買促進メニュー開発
・動画による情報共有効率化や業務効率改善ソリューション開発

3.「PRISM」を活用した広告ソリューションの開発
・クチコミ広告メニューの開発・販売
・動画による情報共有効率化や業務効率改善ソリューション開発

4.5G時代を見据えた新サービス・メディア検討・開発
・B2B領域における動画活用のサービス検討・開発
・動画を中心としたメディアサービス検討・開発
[画像8: (リンク ») ]

●AMN代表取締役社長 上田怜史よりコメント
当社グループのクリエ・ジャパンがもつパーソナライズド動画生成ソリューション「PRISM」によって1人ひとりに最適な動画コミュニケーションが可能になりました。
一方で、特定の業界や商品に特化した動画コミュニケーションを開発・提供するためには、動画の制作能力、そして多くのデータを保有する企業との連携が欠かせないと考えています。
フラッグシップオーケストラ社が培ってきた動画マーケティングの知見と「ムビラボ」の制作能力は、今後共同で展開する5G時代を見据えた動画マーケティングの開発に欠かせないと確信しています。

●フラッグシップオーケストラ 代表取締役社長 大澤穂高よりコメント
我々フラッグシップオーケストラが運営する動画制作サービス「ムビラボ」の最大の強みは、高品質な動画を安く量産できる圧倒的なコストパフォーマンス力です。
現代においての動画の役割は日々進化し続け、大衆向けだったTVから、年代や性別ごとにターゲットを絞り提供するインターネット上での動画、そしてついには個人に向けた動画制作へと時代が移り変わって来ました。そこにいち早く目をつけたクリエ・ジャパン社の「PRISM」は今後最先端を行く動画サービスになることは間違いないと感じております。
また、この度の協業でアジャイル社が「アンバサダープログラム」で培ってきた情報・ネットワーク力も加わり、3社による”一歩先を行く動画マーケティング”を提供できるのを楽しみにしております。

◆フラッグシップオーケストラ(FSO)について
株式会社フラッグシップオーケストラは『”非”常識を常識に』今ある常識に囚われず、もっと便利に、楽しくするサービスを提供する組織です。主な事業内容は、格安大量動画制作サービス「ムビラボ」の運営、動画広告サービス「ムビラボアド」、Web動画キャスティングサービス、オーダー型動画素材サービスなど、動画にまつわる全てのお悩み事を一挙に解決いたします。
(リンク »)
[画像9: (リンク ») ]


◆「ムビラボ」について
「動画を作るハードルをもっと低く」をコンセプトに低価格(1本2万円~)かつ高品質な動画を大量(月間1500本制作可能)に制作できる動画制作サービスです。月間1,000本以上の動画制作実績から得るビッグデータを元に独自の効果測定、ロジックで動画制作が可能です。撮影はもちろんのこと、モデルのキャスティング、ナレーター、翻訳、ロケ手配まで格安で一気通貫のご提供ができるサービスとなっております。
(リンク »)
[画像10: (リンク ») ]

◆アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)について
AMNは『世界中の“好き”を加速する』をビジョンに、ファンと企業/ブランドの会話やコミュニケーションを支援する事業を展開しています。製品/サービスのマーケティング活動をファンと共に推進する「アンバサダープログラム(R)」や、成果報酬型テスト販売プラットフォーム「CATAPULT(カタパルト)」を日本及び海外で推進しています。
URL(AMN日本): (リンク »)

[画像11: (リンク ») ]


◆株式会社クリエ・ジャパンについて
クリエ・ジャパンは、顧客一人ひとりのデータに合わせて動画を最適化できるパーソナライズド動画ソリューション「PRISM」(特許取得技術)により、動画を活用したone to one マーケティングの実現など、企業の顧客コミュニケーションを支援しています。
URL: (リンク »)

[画像12: (リンク ») ]


◆パーソナライズド動画生成ソリューション「PRISM(プリズム)」について
「PRISM」はユーザー情報をもとにサーバ上で自由に動画を組み合わせ合成することで、ユーザーの特性に最適化した動画を大量かつリアルタイムに生成し提供することが可能な動画ソリューションです。
この技術により、利用者のニーズに沿った動画を活用して行うことが可能になり、購買促進や、解約率の低下といった課題を解決します。※特許取得済 特許第6147776号、国際特許出願中
(リンク »)
[画像13: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]