編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「音楽回想法(TM)」アプリサービス 都営大江戸線で「ヘルプマーク」を応援

株式会社フェイス

From: PR TIMES

2019-07-24 13:40

株式会社フェイス(代表取締役社長 平澤創、本社:京都市中京区、証券コード:4295 東証一部、以下:フェイス)は、都営大江戸線の優先席エリアにおいて、音楽と脳のメカニズムを利用した「音楽回想法(TM)」アプリと「ヘルプマーク」のタイアップ広告の掲載を開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

「ヘルプマーク」は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたマークです。

当社は、笑顔あふれる心豊かなライフスタイルを全ての人にお届けするために、社会を豊かにする多様なサービスを創造し続けてまいりました。この「音楽回想法(TM)」アプリは、「あなたの笑顔がみたくて~More music, more smiles~」をテーマにサービスを提供しております。「ヘルプマーク」の更なる普及の一助となり、援助や配慮を必要としている方々の笑顔につながる環境づくりをサポートしたいという思いからこの度タイアップをさせていただくことになりました。

■広告概要
・掲出場所:都営大江戸線車両(1編成) 優先席エリア
・掲出期間:2019年5月21日~2020年5月20日

■「音楽回想法(TM)」アプリについて
[画像2: (リンク ») ]

「回想法」とは、1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏によって提唱された心理療法です。昔の懐かしい写真を見たり、馴染みのある音楽を聴いたり、歌ったりしながら、人生を振り返ったり、昔の経験や思い出を語り合うことで、気持ちの安定やコミュニケーションの活性化にもつながるとされ、日本においても認知症患者への音楽療法でよく用いられる方法です。また、自発語の増加も促されることからリハビリテーションの一環としても注目されています。

音楽は脳の情動系に直接働きかけ、喜怒哀楽といった感情に訴えかけるといわれています。そのため、かつて聴いたり歌ったりした音楽は、その頃その音楽に接していた時に抱いた感情をそのまま再現してくれます。そしてその音楽に慣れ親しんでいた頃の思い出を呼び覚まします。「音楽回想法(TM)」アプリは、この音楽と脳のメカニズムを利用して作られています。「フラッシュソングセラピー」という歌唱法に基づき、実際の音楽療法のノウハウを取り入れ、ご家庭でも簡単にご利用いただけるよう工夫しています。嗜好にあった懐かしい曲をメドレー形式で次々に歌唱し、すばやい曲のチェンジ、リズムで脳と身体を刺激し、充足・達成感を得られるプログラムになっています。

「音楽回想法(TM)」アプリは、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に役立つだけでなく、懐かしい曲を聴いたり歌ったりしながら、その曲にまつわる思い出話に花を咲かせるコミュニケーションツールとしても有用であると考えています。
[画像3: (リンク ») ]

心のよりどころとなる音楽で思い出を再生し、みなさまの生きがい、笑顔につながりますよう、フェイス・グループは、これからも音楽を通して医療・ヘルスケア分野における新たな情緒的・経験価値の提供を目指してまいります。

※「音楽回想法(TM)」アプリは、よりお客様に当社のサービスを知っていただくため、また、覚えていただきやすいように2019年5月8日(水)にサービス名を「認知症外来の音楽療法(TM)」から「音楽回想法(TM)」に変更いたしました。現在ご利用いただいているサービス内容・URL等に変更はございません。
[画像4: (リンク ») ]

・アプリ名:音楽回想法
・配信形式:iPhone、iPad向けアプリ
・対応端末:iPhone、iPad(iOS 10.0以降)
・カテゴリ:メディカル
・利用料:アプリダウンロード無料
 ※カルテ機能や全ての楽曲をお楽しみいただくには有料登録が必要です。
 (月額980円:有料会員登録後、3ヶ月間は無料)
・配信地域:日本
・対応言語:日本語
・下記QRコード、URLよりダウンロードいただけます。
[画像5: (リンク ») ]

・URL:【iOS】  (リンク »)
・公式サイト:  (リンク »)

■フェイス(東証一部 :証券コード 4295)  (リンク »)
フェイスは、世界で初めて携帯電話の「着信メロディ」を考案・実用化し*、日本発の新しい文化として世界約100ヵ国で定着させるなど、創業期よりコンテンツ流通のしくみ創りに取り組んでいます。「あるものを追うな。ないものを創れ。」の企業理念の下、日本コロムビアをはじめ流通プラットフォームに必要な機能を有するグループ各社を傘下とし、コア・コンピタンスである「音」を柱に、エンターテインメント、教育、ライフなどの分野でグローバルに事業を展開しています。今後もフェイス・グループは、音楽をはじめとしたコンテンツの流通システムの構築、配信・販売にわたるソリューションを提供し、社会にとって価値ある市場・文化を創造してまいります。(*当社調べ)

※本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]