100万通り超の組合せから、AIとアンケートで最適なパッケージデザイン案を生成できるサービスを開発

株式会社インテージ 2019年07月25日

From PR TIMES



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊谷 宜和、以下DIM)と共同で、AI技術とアンケート評価を使用し、商品パッケージのデザイン素材を組合せて最適なデザイン案を探索し生成できる「パッケージデザインAI最適化サービス」を開発しました。

本サービスでは、最適化技術である遺伝的アルゴリズムをベースに深層学習による評価予測を用いたシステムを新たに開発しました。組合せ生成したデザイン案へのアンケート評価を実施し、その結果をAIが学習するプロセスを繰り返すことで、100万通り以上の組合せの中からでもターゲット層の消費者が高く評価する案を探し出します。

[画像: (リンク ») ]

従来の調査では事前に用意された数種類から十種類程度のデザイン案の中で優劣を評価していました。本サービスでは、デザイン案を構成する素材をそれぞれ複数用意することで、従来までとは桁違いの膨大な組合せの中から評価が高いデザイン案を生成することを可能にしました。新商品のターゲット層にあったデザイン方向性の探索、商品リニューアル時のデザイン変更内容の評価をはじめ、事前情報が少ない場合が多い海外展開時の各国向けデザインローカライズなどの幅広い場面でご活用いただけます。

すでに先行して生活雑貨メーカー様でご活用いただいており、引き続き本サービスのトライアル実施にご協力いただける企業様を募集しております。

今後もインテージおよびDIMは幅広い領域での最適化技術・AI技術の活用を推進し、お客様企業のマーケティングに貢献するサービス開発を進めてまいります。

------------------------------------

【株式会社インテージ】 (リンク »)
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、「Create Consumer-centric Values ~ お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、さまざまな業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、共に生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点に立ったマーケティングの実現を支援してまいります。

【株式会社ドコモ・インサイトマーケティング】  (リンク »)
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊谷 宜和)は、主にリサーチ事業、コミュニケーションサービス事業およびエリアマーケティング事業を展開し、生活者に密着したモバイルの特性を最大限活用したリサーチやプロモーションを提供しています。ドコモの7,015万人(2019年4月)の顧客基盤と、インテージの情報活用ノウハウの融合により、圧倒的な規模と品質を備えたサービスを、生活者と企業に提供します。

------------------------------------

【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社インテージ カスタムリサーチ事業本部
担当:小木戸(こきど)
お問い合わせ先:cr-info@intage.co.jp

【報道機関からのお問い合わせ先】
■株式会社インテージ 広報担当:星(ほし)/下河原(しもがわら)
TEL:03-5294-6000
サイト「お問い合わせフォーム」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インテージの関連情報

株式会社インテージ

株式会社インテージの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]