アディダスゴルフ、「TOUR360 XT TWIN BOA」を8月2日に発売。

アディダス ジャパン株式会社 2019年07月25日

From PR TIMES

日本初となる2つダイヤル搭載で、自在にフィット調整可能。力強いスイングでもしっかりと足元を支えるゴルフシューズ。

アディダスゴルフは、8月2日、日本初となる2つのBoaダイヤルをアッパーに搭載したゴルフシューズ「TOUR360 XT TWIN BOA」(ツアー360 エックスティー ツインボア)を発売します。アディダス独自の技術だからこそ実現した安定性が力強いスイングを支える「TOUR360XT TWIN BOA」は、弊社取扱一部店舗及びアディダス公式オンラインストア(shop.adidas.jp/golf/)にて販売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

■日本初の2つのBoaダイヤルと、アディダス独自の技術で、快適なフィット感と高い安定性とを担保。新しい仕組みで、パワフルなスイングを足元で支えるゴルフシューズ。
2つのダイヤルのうち、前部(つま先側)のメインダイヤルで前足部のホールド感を、後部(足首側)のセカンドダイヤルで足首の周辺に設置されたBoaレースを調整します。2つのダイヤルによって、履き心地を自在に微調整できるだけでなく、様々な足幅・甲の高さに対応可能なゴルフシューズに仕上がりました。
「TOUR360 XT TWIN BOA」の特徴の一つは、前足部の裏から甲上までを包み込む「FORGED360WRAP」(フォージド360ラップ)と、通常より強度が高いBoaレースの組み合わせにあります。この2つが連動しスイング中に前足部のアッパーが膨張するのを防ぎ、シューズ内での足ズレを抑制することによって、パワフルなスイングに不可欠なフットワークの安定感を実現しました。
更に、ゴルフの動きに適した方向・度合にストレッチが効くよう、アディダス独自のフォージド加工(熱加工)をアッパーの人口合成皮革に直接施しました。使用する素材を少なく抑えることにより、2つのBoaダイヤルや8つのクリートを搭載しているにも関わらず、前モデルと同等の450g(25.5cm)という軽さと快適な履き心地を担保しています。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

TOUR360XT TWIN BOA

[画像7: (リンク ») ]

価格:オープン
重量(片足):450g (25.5cm)
サイズ: 24.5cm~28.0cm(一部商品29.0cm、30.0cm対応)
ラスト: ニューツアーパフォーマンスワイドラスト(EEE相当)
素材 : アッパー/ 人口皮革
     アウトソール/ 合成樹脂
カラー: ホワイト/ソーラースライム/カレジエイトネイビー
     ホワイト/ホワイト/グレーファイブ
     ホワイト/ホワイト/カレジエイトバーガンディー
     コアブラック/シルバーメタリック/コアブラック

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]