編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ホットペッパービューティーアカデミー「薄毛に関する意識調査2019」結果発表

株式会社リクルートライフスタイル

From: PR TIMES

2019-07-25 13:00

「薄毛対策に毎月かけてもよいと思う金額」は、男性20代がトップで約6,746円 薄毛が気になり始めた年齢は男性平均38.2歳、女性平均41.4歳



[画像1: (リンク ») ]



株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」は、 20~69歳の男女を対象に「薄毛に関する意識調査2019」を実施しましたので、以下の通り結果を発表いたします。


「薄毛に関する意識調査2019」結果
「ホットペッパービューティーアカデミー」は、半年に1回実施している美容サロンの利用実態調査「美容センサス」をはじめ、世代別の消費価値意識など美容に関するさまざまな調査・分析、そこから見えた消費者の動向やトレンドの兆しを発信しています。薄毛に関しては、男女ともに美容サロンでの「薄毛対策」への関心が高まっていることから、4年前より定期的に調査しています。

◆自身が「薄毛である」と答えた人のボリュームは男性約27%、女性約10%と男性が高い。薄毛を気にしている、対策をしている割合は女性が増加傾向
Q. ご自身の体の状況について、現在あてはまるものをお答えください。(スクリーニング調査/複数回答)
[画像2: (リンク ») ]



◆薄毛が気になりだしたきっかけは「自分自身」だけでなく「家族」「友人」など他人からの指摘で気になりだしたケースも
Q. 薄毛に関して、あなたが気になりだしたきっかけをお聞かせください。(単一回答 n=男性:1,446/女性:617)
[画像3: (リンク ») ]



◆現在「薄毛である」と回答した人のうち、薄毛が気になり始めた年齢は、男性で40代前半がもっとも多く、女性では50代前半が最も多い結果となった
「薄毛に関して何歳くらいから気になり始めましたか?」という質問に対する回答を男女年代別に比較。男性の方がやや早くから気になり始めている。一方、女性に関しては、50代前半が一番高く60代後半にかけて減少していく。
Q. 薄毛に関して何歳くらいから気になり始めましたか。(実数回答 n=男性:1,446/女性:617)
[画像4: (リンク ») ]



◆薄毛のために行う行動として、男性の方がより市販の薬剤などを使用する傾向が高い
薄毛のために行う行動としては、男女いずれも市販品や自宅でできるケアが上位となったが、男性の方がより市販薬や薬剤の使用をする傾向が高い。
Q. 薄毛のために行う行動について、お答えください。【過去実施したことがあるもの】(複数回答 n=男性:1,446/女性:617)
[画像5: (リンク ») ]



◆薄毛の原因は男性、女性ともに「加齢・老化」が1位となった
男性の2位は「遺伝」、女性の2位は「ホルモンバランスの乱れ」と男女の特徴の違いが表れたデータとなった。
Q. あなたの薄毛は、どんなことが原因だと思いますか。(複数回答 n=男性:1,446/女性:617)
[画像6: (リンク ») ]



◆現在薄毛対策にかけている金額は男性20代で最も多く5,549円
薄毛対策にかかっている金額と、薄毛対策にかけてもよい金額の上限を聞いた。男女いずれにおいても、実際にかけている金額より、薄毛対策にもっとお金をかけてよいと考えていることが分かった。現在かかっている金額、薄毛対策にかけてもよいと思う金額の上限の回答では、ともに20代男性が最も高く、男性は若年の方が危機感があることが分かった。
Q.薄毛対策として、現在、月にいくらくらいかかっていますか。大体の金額をお答えください。 (実数回答 n=男性:885/女性:380)
Q.薄毛対策として、月にいくらくらいならかけてもよいと思いますか。かけてもよいと思う金額の上限をお聞かせください。(実数回答 n=男性:1,446/女性:617)
[画像7: (リンク ») ]



研究員よりコメント
今回の調査でも、薄毛対策に実際にかけている金額と、かけてもよいと考えている金額では20代男性で1,000円以上、30代男性では約1,500円の開きがあり、昨年同様、若い層で危機感を持っていることが分かる結果となりました。また、「薄毛である」と答えた人のボリュームは、男性で約27%、女性では約10%と、男性の方が薄毛を自覚している割合としては高いものの、「薄毛を気にしている」、「対策をしている」割合は女性が増加傾向にあるとの結果になりました。(「ホットペッパービューティーアカデミー」研究員 岡本 華奈子)


アンケート概要
■調査方法:インターネット調査
■対象者条件:全国20~69歳男女、現在「薄毛である」と回答した人
薄毛に関する意識調査2019
<調査対象> スクリーニング:50,000人 ※人口動態に基づき性年代を割付
本調査:2,063人 ※スクリーニング調査での出現率をもとにウェイトバックを実施
<調査期間> スクリーニング:2019年6月7日(金)~2019年6月10日(月)
本調査:2019年6月11日(火)~2019年6月12日(水)
薄毛に関する意識調査2019の詳細はこちら
(リンク »)


▼リクルートライフスタイルについて
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]