アドウェイズ、広告主様向けオンライン広告発注システム「ADWAYS Management Console」の本格稼働を開始

株式会社アドウェイズ 2019年07月29日

From PR TIMES

~オンライン発注でのデータ一元管理により、透明性の高い健全な取引環境を構築~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)は、お客様からの広告発注をオンライン化し、過去のお取引履歴やご提案資料、さらには、広告掲載結果レポート、請求書データを一元管理するシステム「ADWAYS Management Console(アドウェイズ マネジメント コンソール 以下、AMC)」の本格稼働を開始いたしました。



[画像: (リンク ») ]


お客様ニーズが多様化する昨今、当社ではお客様の課題や与件をヒアリングし、インターネット広告を主軸として複数の広告媒体を組み合わせ、高い広告効果を実現するためのプランニングをご提案しております。
そのため、複数条件での発注をいただく機会が多く、お客様に確認いただく環境も複数のツールを使用しなければならない等、複雑になってしまう事がありました。

この度、本格稼働を開始いたしました「AMC」では、発注いただく内容を「AMC」へ集約し、一元管理を行うことにより、お客様の確認フローの複雑さを解消し、お取引履歴、ご提案資料、掲載結果レポート、請求書データの常時閲覧が可能となります。発注から請求までの整合性確認を容易にし、お取引環境の透明性を高めております。

また、社内業務フローをオンライン化する事により、データ整合性を確保するとともに、業務効率化を進める事で、ご提案品質の向上や広告効果最大化に注力できる環境を整備いたしました。
社内業務フローのオンライン化により、当社開発の広告クリエイティブ制作管理サービス「Creative Lab.(クリエイティブラボ)」および主要広告メディアのデータを統合管理する運用型広告総合プラットフォーム「STROBELIGHTS X(ストロボライツクロス)」との連携も予定しております。

「AMC」では、デジタル広告の前日分までの配信実績と成果データを自動で反映させ、インタラクティブに閲覧可能なWebレポートのリリースを予定しており、今後もお取引環境の向上に努めてまいります。

アドウェイズは、今後も市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充およびデジタル広告における信頼性、透明性の向上に努めるとともに、広告マーケティングサービスを開発、提供することで、お客様の広告効果最大化に尽力してまいります。


□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

株式会社アドウェイズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]