JALとKALITTA航空、貨物便コードシェア開始

日本航空株式会社 2019年08月01日

From PR TIMES

~定期貨物便運航を再開します~



2019年8月1日

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)とKALITTA航空(本社:アメリカ合衆国ミシガン州Ypsilanti、CEO:Conrad Kalitta、以下「KALITTA」)は、2019年8月1日(木)より定期貨物便によるコードシェアを開始します。

KALITTAは747-400Fを中心に貨物専用機を33機保有し(2019年8月現在)、安定した運航と高い安全品質で世界各国の荷主や航空会社にサービスを提供しています。

JALは、これまで、既存の旅客便ネットワークに加えて、特定の需要に応じて貨物専用機をチャーターする“エアラインチャーター制度”を活用し、貨物便スペースを提供してまいりました。今般、KALITTAによる成田空港とシカゴオヘア空港を結ぶ定期貨物便運航の開始に伴いコードシェア契約を締結することで、旺盛な盛り上がりを見せるアジア=北米間の航空貨物需要に対して、定期的な貨物便スペースの提供を実現します。
JALはこれからも、お客さまの利便性向上と新たな価値提供に向けてチャレンジしてまいります。
[画像1: (リンク ») ]



【概要】
1. 運航スケジュール
[画像2: (リンク ») ]

・給油のためアンカレッジ空港を経由いたします。
・運航会社はKALITTA航空(運航会社コード:K4)となります。
・2019年夏期のスケジュールとなります。
・時間はすべて現地時間になります。

2. コードシェア運航開始日
2019年8月1日(木)

3. 機材概要
ボーイング747-400F
上部貨物室:パレット30ポジション
下部貨物室:パレット9ポジション、コンテナ4ポジション

【全体図】
[画像3: (リンク ») ]


【上部貨物室】
[画像4: (リンク ») ]


【下部貨物室】
[画像5: (リンク ») ]


【KALITTA概要】
商号    KALITTA AIR, LLC
事業内容  貨物専用機運航事業
設立日   2000年11月
本社所在地 アメリカ合衆国ミシガン州Ypsilanti
代表者   最高経営責任者 Conrad Kalitta
                                               以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]