編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東京海上日動火災保険の損害保険商品の取り扱いを開始

株式会社ミロク情報サービス

From: PR TIMES

2019-07-12 04:40

~企業賠償責任保険やサイバーリスク保険など、損害保険商品の提供によりお客さまの幅広いニーズに対応~



 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下「MJS」)は、会計事務所とその顧問先へのサービスのさらなる充実を目的として、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一 以下、「東京海上日動」)と損害保険代理店委託契約を締結しました。会計事務所とその顧問先である企業・個人事業主ならびにMJSと直接お取引いただいている企業に向け、企業と従業員を防衛する企業賠償責任保険やサイバーリスク保険をはじめとする損害保険商品の取り扱いを、7月11日より開始しました。

 近年、事業活動に伴い発生した事故の損害賠償金の高額化や不正アクセス、ネットワーク障害といったセキュリティ事故など、企業を取り巻くリスクが多様化しています。

 こうした背景を受け、MJSは、東京海上日動と損害保険代理店委託契約を締結し、かねてよりお客さまのニーズの高かった損害保険商品の取り扱いを開始しました。特に、サイバーリスク保険は、当社が提供するハードウェア・ソフトウェアのセキュリティ製品によるリスク回避に加え、万一、何らかの理由によりサイバーセキュリティ事故が発生した場合のリスクを補償できます。

 MJSは、2017年よりエヌエヌ生命保険株式会社の法人向け生命保険(第一分野)、2018年よりオリックス生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社、日本生命保険相互会社の法人向け生命保険と医療保険(第三分野)を取り扱ってきました。今回の損害保険商品の取り扱い開始により、保険商品の提供サービスを拡充することで、会計事務所ならびにその顧問先である企業・個人事業主やMJSと直接お取引いただいている企業のニーズに合わせた、より幅広いご提案が可能となりました。

 MJSは、良質な保険商品を提供することにより、会計事務所自身の経営の安定化と、中小企業の経営課題や経営リスクの軽減に貢献していきます。


■取扱商品

[画像: (リンク ») ]

※自動車保険および火災保険の取り扱いはございません。

サイバーリスク保険:
(リンク »)


■ 株式会社ミロク情報サービス(MJS)について ( (リンク ») )
 全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改革、業務改善を支援しており、現在、約10万社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ミロク情報サービス
社長室 経営企画・広報・IRグループ 小高・安藤
Tel:03-5361-6309
Fax:03-5360-3430
E-mail:press@mjs.co.jp

【保険事業およびサービスに関するお問い合わせ先】
株式会社ミロク情報サービス
新規事業開発グループ 山口・塩田
Tel:03-5326-0381
Fax:03-3343-5789

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]