編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Synackペネトレーションテストサービスの『SmartScanキャンペーン』を発表

株式会社デジタルハーツ

From: PR TIMES

2019-08-05 11:40

・2019年12月末までにSynackの脆弱性検査*2ご契約のお客様に、1年間のSmartScan検査を無償提供



 株式会社デジタルハーツ (本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:玉塚 元一、以下、「デジタルハーツ」)は、2019年8月1日から期間限定で、Synackペネトレーションテストサービスご契約ユーザーに、1年間利用できる継続監視サービス『SmartScanキャンペーン』を実施いたします。

 デジタルハーツの提携先である米国Synack(シナック)社は、クラウドソーシングによって、世界トップレベルのホワイトハッカー1,000名を集め、厳密な審査を経た検査員によるペネトレーションテストを実施しています。同サービスでは、webアプリケーション/モバイルアプリ/ホストシステム/APIを対象に、AI(人工知能)搭載の独自スキャナー”Hydra”と、1回当たり60~80名の検査員を投入する大規模な検査で、お客様環境に潜む脆弱性を発見します。その最大の特徴は、サービスを通じて収集した膨大な攻撃パターンとテスト結果から、「攻撃耐性スコア(Attacker Resistance Score:ARS)」を算出する特許技術で、業界別の基準値をお客様に提供することです。ARSは、脆弱性の修復作業によっても変動します。ARSによる自社状況の正確な把握と対策効果の可視化で、実効性の高いサイバーセキュリティ対策を支援します。

 Synackの新サービス「SmartScan」は、ペネトレーション検査終了から1年間、Hydraによるシステムスキャンを実施します。この継続的な脆弱性検査は、お客様の重要なシステム資産と顧客情報の保護を強化します。
 サイバー攻撃の標的として名高い米国国防総省をはじめとする連邦政府、金融、製造/重要インフラ、EC事業、小売等世界中の主要企業が採用するグローバル水準のセキュリティ検査サービスを、この機会にぜひご活用ください。

『SmartScanキャンペーン』概要
対象期間中に当該サービスご契約のお客様に、SmartScanサービスを1年間無償提供します
受付期間:2019年8月1日~2019年12月末※1
対象:Synack CPT※2サービスをご契約のお客様

※1 弊社の年末営業終了日等、詳細はお問い合わせください。
※2 CPT:Crowdsourced Penetration Testing(クラウドソースペネトレーションテスト)サービス

Synackサービスとキャンペーン詳細は下記のwebサイトをご確認ください。
なお、今後の最新情報は概要紹介のwebサイトにてご案内する予定です。

・Synackサービスの概要紹介( (リンク ») )
・Synackサービス内容はこちら(Synackサービス紹介.pdf 資料ダウンロード)
TechTarget: (リンク »)

■Synackペネトレーションテストサービスの提供イメージ

[画像: (リンク ») ]

当キャンペーンの詳細やお申込みは、担当窓口にお問い合わせください。

(※) 各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社デジタルハーツの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]