レストラン予約サイト『一休.comレストラン』のCM動画を公開

株式会社一休 2019年08月05日

From PR TIMES

一休で初めてタクシーサイネージを活用し、2019年8月5日より放映開始

レストラン即時予約サイト『一休.comレストラン』( (リンク ») )を運営する株式会社一休(本社:東京都港区、代表取締役社長:榊 淳、以下一休)は、8月5日(月)より一休で初めてタクシーサイネージを活用し、CM動画の放映を開始します。



[画像1: (リンク ») ]

動画は東京23区の車両約10,000台で放映され、特にビジネスパーソンが集中する港区・千代田区・中央区で運行される車両が中心になります。CMをご覧になりながらスマートフォンでサービスをご利用いただくシーンを想定し、タクシー内のサイネージで放映することといたしました。『一休.comレストラン』へは、スマートフォンからのアクセスも多くございます。PCとスマートフォンによるアクセスの比率についても、宿泊予約を扱う『一休.com』と比べて、『一休.comレストラン』の方がスマートフォンからのアクセスが高い傾向にございます。タクシーへの平均乗車時間は18分(※)といわれており、移動のスキマ時間をお店の検索、予約にご活用いただければと考えております。 ※株式会社ニューステクノロジー「GROWTH」調べ。

制作陣では、クリエイティブディレクターには数多くのCMや動画作品を手掛けてきた黒須美彦氏を、イラストレーターにはアニメーターとしても活躍するサヌキナオヤ氏を迎えました。『一休.comレストラン』の象徴的なご利用シーンを切り取った大人なアニメーションに仕上げていただきました。

全4パターンの公開を予定しており、8月5日には「夫婦誕生日」篇と「贅沢ランチ」篇を公開しました。「夫婦誕生日」篇のラストシーンが「贅沢ランチ」篇へと繋がっており、さらに「贅沢ランチ」篇のラストシーンは今秋公開予定の続篇へと繋がっています。4つの動画を通じて、『一休.comレストラン』をご利用いただきやすい4つのシーンを表現しました。

CM動画は特集ページおよびYoutubeからご覧いただけます。

●『一休.comレストラン』 CM特集ページ:  (リンク »)
『一休.comレストラン』CM 「夫婦誕生日」篇 15秒ver.  (リンク »)
『一休.comレストラン』CM 「贅沢ランチ」篇 15秒ver.  (リンク »)
『一休.comレストラン』CM 「夫婦誕生日」&「贅沢ランチ」篇 30秒ver.  (リンク »)
[動画: (リンク ») ]


■CMストーリー
<『一休.comレストラン』CM 「夫婦誕生日」篇>
車内の夫婦の会話の中で、明日に迫った妻の誕生日をうっかり忘れていたことに気付かされた夫。『一休.comレストラン』で直前でも予約できることを思い出し、少し余裕を取り戻すのだった…。夫婦の車が去った後、女性三人組がレストランに入っていく。『一休.comレストラン』で利用が増えている直前での予約をされるシーンを象徴的に描いております。
[画像2: (リンク ») ]


<『一休.comレストラン』CM 「贅沢ランチ」篇>
仲良し三人組でちょっと贅沢なランチを楽しむ女性たち。「誰かにつれてきてもらうのもいいけど、自分で来るのも美味しいね」と大人の贅沢ランチの魅力を語り合う。日も落ち、ご満悦でレストランから出てくると、隣の料亭では接待が始まっている。『一休.comレストラン』で多くご活用いただいている「大人の贅沢ランチ」のワンシーンを、女性たちの何気ない会話を中心に描いております。
[画像3: (リンク ») ]


■スタッフリスト
クリエイティブディレクター:黒須 美彦
プランナー:村松 さやか
コピーライター:佐藤 舞葉
ディレクター:代田 栄介
アートディレクター:米村 俊
イラストレーター:サヌキナオヤ
プロデューサー:森 ゆうき
プロダクションマネージャー:大城 隆之介・高橋 宣幸
撮影監督:浅賀 達志
アニメーションプロデューサー:綿川 尚明
アニメーションディレクター:安田 孝裕
CGプロデューサー:川田 昇吾
CGデザイナー:古谷野 良一
エディター:久保 雅之・三浦 雄大
ミキサー:福森 彩奈
音楽:安江 史男
ナレーター:小林 研二
広告会社:クロロス
制作プロダクション:スプーン
アニメ制作会社:LIBERTY ANIMATION STUDIO
ポストプロダクション:OMNIBUS JAPAN

・クリエイティブディレクター 黒須美彦氏 プロフィール
1952年8月8日東京生まれ。1975年3月慶応大学工学部卒業、1975年4月博報堂入社、2003年7月 シンガタ参加、2018年4月クロロス設立。プレイステーション・ローソン・資生堂等数々のCM仕事を経て、2003年電通佐々木宏氏らの「シンガタ」に参加。2018年独立してCD&プランナー黒須美彦のひとり会社「クロロス」設立。サントリー金麦(壇れい)・金麦オフ(戸田恵梨香)・ストロングゼロ(天海祐希)・明光義塾「YDK」・ドコモダケ・シンギングイオン(山口智子)・感謝デー(武井咲)・イオンカード(蒼井優)・日テレちん・いい大人のモバゲー・いいものゴロゴロWOWOW・WOWOWメガネシリーズ・森永ダース・inゼリー(櫻井翔・錦織圭)等などを手がける。カンヌ銀賞ほか受賞多数。

・イラストレーター サヌキナオヤ氏 プロフィール
1983年京都市生まれ。書籍の装画や、音楽のアートワーク、雑誌などでイラストを手がける他、ユニット”WHOPPERS”ではアニメーターとしても活動。現在Homecomingsの福富優樹原作での漫画「CONFUSED!」を月刊コミックビームにて連載中。アートワークを手がけるバンドHomecomingsとは映画と音楽のイベント”New Neighbors”を共催している。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]