編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マグネットの力で書類をめくったまま固定できる「マグフラップ」にA4タテ型、A3タテ・ヨコ型が登場  クリップボード「マグフラップ」の新サイズを発売

株式会社キングジム

From: PR TIMES

2019-08-06 11:00



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、挟んだ書類をマグネットの力でめくったまま固定し、閲覧・書き込みがスムーズにできる機能性クリップボード「マグフラップ」に新サイズを追加し、2019年8月30日(金)より発売します。初年度販売目標数量は新製品合計で11万枚です。
[画像1: (リンク ») ]


 「マグフラップ」は、マグネットが内蔵された背面フラップと底面フラップにより、書類をめくったまま固定できる機能性クリップボードです。立ちながらでも手で紙をおさえずに閲覧や書き込みができるほか、書類の不意なめくれを防ぐこともできます。2018年4月に発売以降、累計販売枚数12万枚を突破したヒット商品です。さらに2018年6月には第27回日本文具大賞優秀賞を受賞しました。

 今回、従来のA4ヨコ型に加え、新たにA4タテ型と、A3タテ型、ヨコ型の3種類を追加いたします。挟む書類の向きによりタテ型、ヨコ型を選んで使用することができます。またA3サイズの追加により個人利用だけではなく、建設現場などで使用する図面や大きなスケジュール表などの法人用途でもご使用いただけます。

キングジムは、クリップボード「マグフラップ」のラインアップ追加に伴い、クリップボード市場でのシェア拡大を目指してまいります。


■製品概要
製品名:クリップボード「マグフラップ」
発売日:2019年8月30日(金)
価格:A4 タテ型 ¥1,050 +消費税
A3 ヨコ型 ¥1,750 +消費税
A3 タテ型 ¥1,850 +消費税


■製品特長
・めくった紙をマグネットで固定し、閲覧や書き込みに集中できる「背面フラップ」
マグネット内蔵の「背面フラップ」を使用することで、挟んだ書類をめくったまま固定でき、ストレスなく書類の閲覧や書き込みができます。
[画像2: (リンク ») ]


・紙の下側を固定し、書類のめくれを防ぐ「底面フラップ」
書類の下側をマグネットで固定し、書類の不意な折れやめくれを防ぎます。未使用時は本体裏側に収納できるため、書き込みにも支障をきたしません。
[画像3: (リンク ») ]


・紙の上側をホールドする「全長クリップカバー」
「全長クリップカバー」が付いていて、書類の上側を両端までしっかり押さえられます。
[画像4: (リンク ») ]


・スチール面などに貼り付けられる
本体にマグネットを内蔵しているため、ロッカーなどのスチール面に貼り付けられます。
[画像5: (リンク ») ]


※スチール面に貼り付ける際の収納枚数は最大でコピー用紙10枚までです。
※スチール面に貼り付ける際は、必ず「底面フラップ」を背面に収納してください。
※場所によっては上手く貼り付かない場合があります。


■製品仕様
品名:クリップボード 「マグフラップ]
品番:No.5075
サイズ:A4タテ型
外形採寸:約(H)236×(W)312×(D)18mm
最大収納枚数:約30枚(コピー用紙)
色:赤、緑、青、黒
価格:¥1,050+消費税

品番:No.5076
サイズ:A3ヨコ型
外形採寸:約(H)446×(W)312×(D)18mm
最大収納枚数:約30枚(コピー用紙)
色:青、黒
価格:¥1,750+消費税

品番:No.5077
サイズ:A3タテ型
外形採寸:約(H)323×(W)435×(D)18mm
最大収納枚数:約30枚(コピー用紙)
色:青、黒
価格:¥1,850+消費税


■製品写真

[画像6: (リンク ») ]



ご掲載していただく場合は、下記のお問い合せ先をお願いします。
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)
0120-79-8107(ナットクのパートナー)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]