「Scuderia Toro Rosso」と“EDIFICE”のコラボレーションモデル

カシオ計算機株式会社 2019年08月07日

From PR TIMES

2019年用マシン「STR14」をモチーフにした薄型クロノグラフ

カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、世界最高峰のF1レースで活躍する「Scuderia Toro Rosso(スクーデリア・トロロッソ)」とコラボレートした薄型クロノグラフ『EQB-1000TR/EFR-S567YTR』を9月13日に発売します。



[画像1: (リンク ») ]

今回ご案内します『EQB-1000TR/EFR-S567YTR』は、「Scuderia Toro Rosso」の2019年用マシン「STR14」をモチーフとして、ボディに用いられているブルー、レッド、シルバーの3色を基調にカラーリングを施しました。

[画像2: (リンク ») ]


『EQB-1000TR』の時計全体、『EFR-S567YTR』の文字板には、それぞれチームカラーを象徴する青地に赤いラインを印象的にレイアウトしています。両モデルとも、ベゼルとインダイアル以外の文字板全体には、レーシングカーに欠かせないカーボン素材を採用し、モータースポーツの精悍さを表現しました。


さらに、文字板と裏蓋にはチームロゴを、9時位置のインダイアルにはチームを象徴する牛のイラストをあしらっています。「Scuderia Toro Rosso」の世界観を随所に散りばめ、所有する喜びを得られる特別感のあるモデルに仕上げました。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


■EQB-1000TR 75,000円+税
タフソーラーやスマートフォンリンク機能を搭載した薄型クロノグラフ「EQB-1000」をベースモデルとして採用。ベゼル全体にカーボンを積層したパーツを採用しています。青地に赤いラインがポイントのバンド素材には、CORDURA(R)ファブリックを使用したケブラー(R)繊維インサートクロスを用いることで、軽さやフィット感だけでなく、耐久性も高めました。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



■EFR-S567YTR 30,000円+税
メタルバンドの薄型クロノグラフ「EFR-S567YD」をベースモデルとして採用。メタルベゼルの上面にカーボンのプレートを装着し、文字板にはチームを象徴する赤い縦のラインを大胆にデザインしています。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


■Scuderia Toro Rosso×EDIFICE
「Scuderia Toro Rosso」は、イタリア北部のファエンツァを本拠地とし、新進気鋭の若手ドライバーを擁するレーシングチームです。当社では、同チームの持つ若く勢いのある躍動感、マシンに注ぎ込められた革新的な技術、そしてスピードを追い求める情熱が、“EDIFICE”の世界感と相通ずることから、2016年よりオフィシャルパートナーとしてスポンサードしています。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]