編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウインドリバー、初のOpenChain 2.0の認証取得企業に

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2019-08-09 11:00



2019年6月26日、カリフォルニア州アラメダ発 - クリティカルインフラストラクチャー向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、OpenChainバージョン2.0の認証を取得したと発表しました。ウインドリバーは、初めてOpenChainに適合した(*1)企業となります。

The Linux Foundation傘下のOpenChainプロジェクト(*2)は、オープンソースライセンスコンプライアンスをよりシンプルで一貫性のあるものにすることで、オープンソースへの信頼を高めようとするプロジェクトです。OpenChainの求めるプロセスやカリキュラムの適用により、ソフトウェアサプライチェーンのすべての参加者にとって、オープンソースのライセンスコンプライアンスが、より予測可能で理解しやすく、効率的なものになります。

OpenChainのゼネラル・マネージャーであるシェーン・コークラン氏は、次のように述べています。「このプロジェクトの発足から業界仕様になりつつある現在の状況まで、ウインドリバーと緊密に協力できたことは幸運でした。ウインドリバーとの関係は、実環境の課題に対する実際的なソリューションの確保などが中心です。ウインドリバーを初のOpenChain 2.0適合企業として迎えることは、これまでの協働を考えると自然の流れであり、非常に喜ばしく思います」

OpenChain適合を取得した企業は、自社のオープンソース製品が、包括的で規律のあるプログラムに従って作成された旨を表明できます。適合によって供給される製品の質の高さが裏打ちされ、企業の評価や信頼の一層の向上につながります。

ウインドリバーの製品担当バイスプレジデント、ミッシェル・ジェナールは次のように述べています。「OpenChain適合は、サプライチェーンにおけるオープンソースコンプライアンスの業界仕様として広がりを見せています。オープンソースのライセンスコンプライアンスの認証やそれらを利用する事で、ソフトウェアソリューションの構築に使用したオープンソースの信用を確保できます。ウインドリバーは、OpenChainプロジェクトとの緊密な関係を重視しています。率先して範を示し、オープンソースコンプライアンスの強固な標準を支持することが肝要だと確信しています」

ウインドリバーは20年近くオープンソースを支援し、オープンソースコンプライアンスの重要仕様のサポートや実装に取り組んでいます。ウインドリバーは、サプライチェーンのオープンソースソフトウェアの使用に関する保証の強化を、企業が強く望んでいることを理解しています。そのうえで、Wind River Linux(*3)をはじめとする製品ライン全体でOpenChain適合を維持しています。

Wind River Linuxは無料のダウンロード版(*4)があります。さらにミッションクリティカルなシステムのライフサイクルに対応するために、Wind River Linuxサブスクリプションでは、セキュリティアップデートを含む、長期サポートとメンテナンスを提供します。また、サポートエンジニア、環境のホスティング、技術者によるサポート、オンラインの対話型セルフヘルプなど、幅広いサポートサービスを提供しています。プレミアムサポート(*5)は、お客様特有の環境、アプリケーション、ハードウェアを把握し、専任のサポートチームが対応します。

*1: (リンク »)
*2: (リンク »)
*3: (リンク »)
*4: (リンク »)
*5: (リンク »)

■ウインドリバーについて
[画像: (リンク ») ]


ウインドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。www.windriver.com/japan

# # #

※本プレスリリースは2019年6月26日に発表したプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]